64ビットでコンパイルする

2005/12/29

Sun Studio 11関連で、今度は64ビットでコンパイルする事を考える。

でも、これは簡単。単にBASICOPTSに"-xarch=v9"という指定を入れるだけ。
そうするとX-Designerで生成されるコードも含めて全部64ビットでコンパイルしてくれる。
後は、リンクするライブラリに64ビットのやつを指定してやるだけでいい。

と、いうことでそろそろ「主筆」もSun Studio 11でコンパイルしたバージョンをもって第14版として公開しようかな。

sun Studio 11の日本語版をいろいろいじってみた

2005/12/28

とりあえず、Sun Studio 11をいろいろいじってみて、わかったことまとめておく。

1.フォントサイズの変更
 メニューや何とかのフォントサイズが、デフォルトでは小さすぎて読むことができない。
 文字を大きくするには、起動時に「--fontsize サイズ」と指定してやる。たとえば「sunstudio --fontsize 48」とすれば、こうなる。


2.機械的に生成したMakefileは、どうしても人間がいじらざるを得ないようだ。
 たとえば、下記に示すX-Designer関連のコンパイルやリンク、あるいはファイルを追加したときとか何とかかんとか。
 ここは素直に諦めるほかない。

3.「*.xd」ファイルを先にコンパイルしてくれない場合。
 X-Designerを使う場合、ほかの全ての「*.cc」ファイルのコンパイルに先立って「*.xd」ファイルを処理してくれないと困る。それなのにそうしてくれないことがある。
 そういうときは、生成されたMakefile中にある「# リンクまたはアーカイブ」とある部分をいじってやる。
 たとえば、ターゲット名が"TaEdit"で、処理させたい*.xdファイルが"gui.xd"なら、初期状態ではこういう風になっている。
$(TARGETDIR_TaEdit)/TaEdit: $(TARGETDIR_TaEdit) $(OBJS_TaEdit)
  $(TARGETDIR_TaEdit)/$(XD_OBJS_FILE_TaEdit_gui_xd) ・・・

 で、この中の$(OBJS_TaEdit)と$(TARGETDIR_TaEdit)/$(XD_OBJS_FILE_TaEdit_gui_xd)の順番を入れ替えてやる。
$(TARGETDIR_TaEdit)/TaEdit: $(TARGETDIR_TaEdit)
  $(TARGETDIR_TaEdit)/$(XD_OBJS_FILE_TaEdit_gui_xd) $(OBJS_TaEdit) ・・・

 これで*.xdファイルの方が先に処理されるようになる。

4.xdclass.hがインクルードできない。
 初期状態ではなぜか知らないが、xdclass関連のライブラリやヘッダファイルのインストール先として、「/opt/netbeans/3.5V11/platform/$(OSVARIANT)/prod」というパスを使おうとする。ところが、こんなパスは存在しない。参照すべきは「/opt/SUNWspro/prod」である。
 ところで、Makefile中ではこのパス名は"XDROOT"という変数で定義される。
 だから、Makefile中のこの変数を設定しているところを書き換えてやるか、あるいはMakefileのプロパティをいじって、コンパイル時のオプションとして"XDROOT=/opt/SUNWspro/prod"が追加されるようにしてやれば、インクルードできるようになる。

5.それでも、xdclass.hがインクルードできない。
 4.をやってもやっぱりコンパイルにこけることがある。
 そういう場合は致し方ないから、Makefile中の「BASICOPTS」という変数を設定しているところに"-I/opt/SUNWspro/prod/src/xdclass/h"を加えてしまう。

6.libxdclass.aが参照できない。
 どっかのアメリカ人に聞いてみたところ、4.をやればコンパイルが通る様になるらしいのだが、俺の場合はそうはならなかった。たぶん、俺の住んでいる所が日本だからなのだろう。
 これはもう仕方がないから、「OBJS_TaEdit(TaEditはターゲット名)」変数を設定しているところに"/opt/SUNWspro/prod/src/xdclass/lib/libxdclass.a"を付け加えてしまう。

これだけやれば、コンパイルが通るはずである。というか、俺はこれでできた。
だが、ことと次第によると、これでもリンク時に"__1cNxd_XtWidget_cKxd_destroy6M_v_"とか"__1cNxd_XtWidget_cJxd_enable6M_v_"とかいうシンボルが無い、とかいわれることがある。しかも、コンパイル時のコマンドにはちゃんと「libxdclass.a」をリンクするよう指定されているし、無いといわれたシンボルは全て「libxdclass.a」に含まれているのにだ。

実はこれは、PATHが通ったディレクトリにarコマンドが無いために発生するらしい。

だから、PATH環境変数中の最後の方に「usr/ucb/bin」を加えるなり、arコマンドをインストールするなりしなければならない。

あと、気がついたこととして、cleanをターゲットにmakeすると、出力先ディレクトリが削除される。Forte C++ 6.0ではoutputフォルダ内の*.oファイルが削除されるだけだったのだが、そのつもりでいると酷い目に遭う。注意しなければならない。

後はまぁ、必要なヘッダファイルの検索パスや、ライブラリの検索パス、スイッチなんかは、「BASICOPTS」をいじくれば何とかなりそうな気がする。

Solarisを再インストールする羽目に陥った

2005/12/26

壁紙をプーチン大統領したせいで、どうも常にKGBに狙われてるような気がしてならない。そのせいもあってか知らないが、つい操作ミスを犯して、消してはいけないパッケージをいくつか削除してしまった。おかげで、新しいプロセスを上げること出来なくなってしまった。

消してしまったパッケージをもう一度インストールすれば良さそうな気もするのだが、しかしそのパッケージはどこに行けば手に入るのかの判らないし、おまけにパッケージを入れるプロセスを上げることもできなさそうだし。

致し方がないから、とうとうSolarisを再インストールしてしまうことにした。ついでに、この前はSolarisの8をインストールしたのだが、今回は10にしておくことにした。やはり、ファイルシステムやその他諸々の性能は」、8よりも10の方が確実に向上している。少しGNU臭が強くて何かと気に入らないが、まぁ仕方ない。

で、土曜日にSolaris10を入れて、ようやくSun Studio 11をインストールした。

さすがにSPARC IIeの500MHzよりも、SPARC IIIi 1GHzのデュアルの方が体感速度が速いな。メモリも増設したからインタリーブが有効になったし。とは言っても、それでもやっぱり、Javaで作られてるし、もっさり感は否めないがな。

まぁ、じきにインストール状況と使用方法なんかをまとめてWebページに公開することにしよう。

メモリを増設してみた

2005/12/23

せっかくナスが出たのだからと言うことで、今日は俺のマシンのメモリを増設してみた。
512MBで2万だった。ちっとばかり俺の懐には痛かったが、まぁいいだろう。これで大きなファイルを読み込ませたときのテストがやりやすくなったと言うわけだ。

ついでに、久しぶりにデスクトップの壁紙も変えておいてみた。
深い意味はないが、プーチン大統領にしてみた。



まぁ、何らの意味もないがな。

Sun Studio 11にマンセーを唱えてみる

2005/12/22

俺のこのBlogは検索されない。だからとうとう、テクノラティとか言う会社に、ユーザ登録までして検索してくれ、とお願いしてみた。だが、それでも検索されない。よっぽど嫌われてるんだな。このblogspotというドメイン。

それは良いとして、俺は俺のBlogが検索されるか否かを「Syuhitu」とか「Sun Studio 11」とかいったキーワードで検索して確認している。そうするとまぁ、他の人のBlogも必然的に見ることになるのだが、そこでふと気がついたことがある。

俺がいつもマンセーを唱えているSun Studio 11だが、これについてなにやら勘違いしている奴が多いのだ。

まず多いのが、Sun Studio 11をLinux用と書いている奴。はっきり言って、子ね。確かにLinuxでも動くとしているが、主眼はあくまでもSolarisだろうが。結局LinuxではGCCを使うことになるんだし。

更にお目出度い奴になると、Linux用Sun謹製コンパイラと抜かしている奴までありやがる。全く、お前ら日本語読めないのか?


まぁいい。馬鹿は放っておこう。

とりあえずせっかくSun Studio 11の日本語版が出たのだし、次の三連休ぐらいにインストールしてみるとするか。なんか、あんまり使いやすそうでは無いんだがな、これ。

このblogは検索されない

2005/12/20

このブログは、ほとんど全てのblog検索サービスで検索されることがない。
俺が確認している限りでは、このbloggerの検索とgoogle blog serachmsnの普通の検索だけだ。

だから、この間からTrack wordとか言う、blogのキーワード検索情報を集めるツールを導入しているんだが、これが全くもって役に立ってない。そもそもこのツールは、検索されて表示された時に、キーワードを収集するとか言う物なのだから、検索されない上に表示もされないのであれば、意味を持ちようがないわけだ。

せっかく一日の内の幾ばくかの時間を費やしてBlogを書いているのだし、これではあまりにもむなしく思う。
そういうことで、昨日あたりからBlogを更新したらpingとか言う物を送るようにすることにしてみた。

しかし、ここのBlogはシステム的にpingをweblog.comにしか送信することが出来ない。だから仕方がない。とりあえずping送信用のツールを落としてきて、手動で通知することにしてみた。

とりあえず通知先は、gooとblogger.jpとココログにしておいてみた。他にも多数送信先サーバはあるようだが、あんまりpingをまき散らしまくって、スパム扱いされても困るし。


とりあえずこの運用で、blog検索サービスから検索されるようになるかどうか、しばらく様子を見てみようと思う。

SourceForgeに

2005/12/19

昨日今日にかけて、今までずっとほったらかしにしていた(と言っても、申請してから登録されるまでに一年もかかった事を考えれば、俺が放置していた期間は極僅かだがな)SourceForge.jpに「主筆」のソースコードをアップロードしてみた。

とにかくむかついた。気分が悪い。連中のやることなすこと全てが俺の勘に障る。

まず、当然だが連中はオプソ厨である。オプソ厨は言うまでもなく共産主義者である。別に共産主義は悪いとは言わないが、それをことあるごとに褒め称えるのはやめてもらいたい。でもって、資本主義的思想を絶対悪や悪魔崇拝のように言うのをやめてもらいたい。まぁ、信者というものは布教に余念がないものだ、とういのはいつの時代でも変わらない真実ではあるのだが。

次に、cvsでチェックインするにはSSHで接続し無くてはいけない、というのが俺的に気分が悪い。だが、これはまぁ致し方ない事だろう。

で、これに関連してきにいらないのが、SSHでの接続法に関するドキュメント糞だ、というのが気に入らない。連中が使用してSSHのサーバはOpenSSHという糞である。だが、どこにもOpenSSHを使用しているとは記述していない。暗黙の了解なのである。良識のあるユーザは超能力でその事を察しなければならないのだ。子ね。

でもって、このOpenSSHという奴はあくどい囲い込み戦術に基づき、生成する鍵のファイルの形式を、商用のSSHとは異なるようにしてある。子ね。

ついでに言っておくと、この手の囲い込み戦術は、連中が商用ソフトを叩く時の口上である。それなのに、あの厚顔無恥なオプソ厨は同じ事をやっている。恥を知れ恥を

更に気に入らないのは、SourceForgeのドキュメントの日本語が糞が、ということだ。どう見ても英語のページを機械翻訳にかけただけの代物としか思えない。

俺が気に入らないのは、文章を読んでいる人の台詞としての、一人称の言い回しだ。例えば、よくFAQなんかに出てくる「私は・・・したいのですが判りません。」とか「○○とは何ですか?」とかいう言い回しだ。

俺が思うに、こういう文の書き方は日本語の文化にはないように思われる。はっきり言って、傲慢じゃないのか? 何でお前に俺の台詞を言われなきゃならんのだ。俺の言う台詞を勝手に決めるんじゃねぇよ。子ね。

でもって、文章がチンチクリンなら日付の書き方もトンチンカンだし。

日本語では日付は「年/月/日」で書くべきだろう。それなのに連中は「月/日/年」で書いていやがる。あぁ、確かにお前らはその方が見やすいと主張するだろう。貴方様方将軍様々は御米語をお読みになることがお出来になられまして、我々の様な御米語を解さない文盲の愚民をお蔑みになられているのでありましょう。

だがなぁ、貴様らはSourceForge.jpとやらは日本語であることを売り口上にしているんだぞ。それなのに、中身は亜糞利加臭がぷんぷんと漂っているっつうのは一体どういう事だ。最初の口上はどうした。それともこれが、羊頭狗肉という奴の実例だってか? 或いは亜糞利加に長く住みすぎたせいで、日本語とか言う糞言語なんか忘れっちまったってか?

貴様らのような無神経なウジ虫連は、今すぐにでも腹を切って子ぬべきだ。ウジ虫にはキンチョール。

世の中の諸悪の根元はオプソ厨にある。少子化も、高齢化も、犯罪発生率の上昇も、検挙率の低下も、景気の低迷も、原油価格の上昇も、タンカーの石油漏れ事故も、俺のカルシウム不足も全てこいつらのせいだ。こいつらが世の中から消えて無くなれば全ての問題は解決する。

オプソ厨の主張は倫理的に間違っている。特にGNUは悪の中枢だ。そんなものに心を売り渡したら二度と人間に戻ることが出来なくなる。やめた方が良い。

とにかく俺は連中の全存在を否定する。連中はこの俺が地獄の炎に投げ込む者たちだ。

AdSenceのテーマ広告ユニット

2005/12/14

今日もまたむなしい希望を抱いてGoogleのAdsenceの管理画面にログインしてみる。そうすると、なにやら知らんが奇妙な新サービスが開始されていた。

テーマ広告ユニットとか言うものだ。

これはどうやら、広告の背景に季節に即した絵を表示するようにする、と言うものらしい。まぁ、どうみても、クリスマスでおつむが飽和したアメリカ人が考えたとした思えないような代物だ。現に表示例のページはハロウィンと感謝祭のものだし。

この調子で行くと、日本語のページに対して12月25日以降も、サンタクロースが踊ってるような絵を配信するかも知れない悪寒がする。

はっきり言って、俺はハロウィンがいつなのかも知らないし、感謝祭などというものは、上記の表示例のページの「Thanksgiving」というのをgooの英和辞典で翻訳して初めて知ったし、クリスマスというのが一体どういう日なのかも知らないし、知りたいとも思わない。(確か、どこかのパラノイアが死んだ日だと記憶しているが・・・)

俺はこういう、アメリカ人による自国の文化の押しつけに対して憤りを感じる。世の中の人間全員がキリスト教を信じているわけではないし、キリスト教だけが真の宗教だというわけでもないし、必ずしもクリスマスは冬のイベントだと限ったものでもないし、アメリカだけが唯一の国なのではないし、英語だけが唯一の言語なのではないし、英語は世界の共通語なのではないし。

とにかく俺は、こういった傲慢なアメリカ人がひたすら嫌いだ。世の中のアメリカ人は全員子すべきだ。

Linux版主筆

2005/12/13

なんだかんだ言って、デスクトップユースではSolarisよりもLinuxの方が多い。信じられないことではあるが。(あんなバグだらけのOSよく使ってられるな、と感心させられるのだが。)

そこでだ、俺のこのどうしようもない糞エディタの全国普及を促進させるためにも、ここは是非Linux版を作成した方がいいだろう、と、今日の昼飯前に思い立ったのさ。

でだ、とりあえず手近にLinuxをインストールできるようなマシンがなかったから、仕事で使ってるマシンにqemuとかいうエミュレーターを入れて、それでLinuxを動かそうと思ったのさ。

で、とりあえず、FedraCoreとか言う奴を落としてきて入れてみたのさ。

そしたらね、もうね、我慢ならん位遅いわけよ。おまけにバグだらけで、キーボードの設定を日本語にしてるのに英語キーボードのままでコロンとか入力できないし、ウインドウやメニューが表示されるたびに日本語IMEのインスタンスが増殖して、タスクバーみたいなところに項目がいっぱいになってるし、文字のアンチエイリアシングを止められないし、おまけに、アップデートするためのソフトがバグっててアップデートもできないし。

俺には世の中の犬糞厨の気持ちが理解できない。あれの一体何がいいのだろうか? 犬糞厨というのはマゾヒストの集まりなのだろうか?

って、んなことはどうでもいいんだよ。問題はそれの上でSun Studio 11のLinux版を走らせて、主筆をコンパイルしなきゃならん、ということなんだよ。

でだ、とりあえず落としてきた奴を展開しようとしたら、今度はファイルがおかしいとか何とか言って、展開してくれねぇでやんの。

もうね、信じられない。こんなこともできねぇのかよ。犬糞ってのは。


結局俺の努力が報われることはなかった。今日という一日を無駄に費やしただけだった。

やっぱり俺は犬糞が嫌いだ。間違いなく連中はこの世に巣くう害悪に他ならない。

偉いぞmsn

2005/12/12

俺のサイトはどうにもこうにもgoogleyahooとでは検索されない。
Sun Studio 11について相当熱く語ってるこのページも、"Sun Studio 11"という検索キーワードで引っかからない。

ところがだ、MSNは違う。奴は偉い。奴はちゃんと俺のサイトを検索してくれる。
その上、"Solaris Text Editor"で検索すると、上から3番目に表示されし、"Solaris TextEditorとすれば一番上の表示される。それも日本語以外のものも含む全検索結果中でだ。

偉いぞMSN。お前は偉い。お前は話がわかる。良い奴だ。
それにMSNはクロールが早い。更新されるまでにgoogleは一月ぐらいかかるのに、MSNはだいたいその半分くらい。偉いぞ、Microsoft


それに比べてgoogleは一体何なんだ。なぜ奴は俺のサイトをシカトするんだ。全くあり得ない。yahooですら2ページ目には表示してくれるというのに。

それに、google子会社がやってるここのBlogに対しては、もう、「あり得ない」という以外に言葉を持たない。google自身では検索されないし、spamが多いし、もういや。

しかしなぁ、livedoorは死んだじぃさんの遺言でヤメレって言われてるしなぁ。どこに移動しようかなぁ。

libxdclass.aの投稿に返事が来たぜ、べいべ~

2005/12/10

お~いぇ~。

こないだの投稿に返事が来たぜ、べいべ~

そいつ曰く、Makefileのプロパティに「XDROOT=/opt/・・・」を指定すればコンパイルできるらしいぜ、べいべ~

だが、俺には出来なかったぜ、べいべ~

やっぱりリンクでこけるぜ、べいべ~

念のために英語のロケールでやってみたが、それでもだめだぜ、べいべ~

だからもう一回ゴルアを入れといたぜ、べいべ~

どうでもいいが、昨日は出張だったぜ、べいべ~

久しぶりに会社に顔を出したぜ、べいべ~

そこでナスの明細をgetしたぜ、べいべ~

前よりちっと増えてたぜ、べいべ~

とりあえず今回は貯めておくぜ、べいべ~

でも、メモリとエロDVD位は買おうかな、べいべ~

とりあえず、大型のテレビを買うのは見送りだぜ、べいべ~

それ程の金はないぜ、べいべ~

お~、べいべ~、べいべ~、やっぱりここのBlogは使いにくいぜ、べいべ~

そういや、最近、久しぶりに「主筆」をいじってるぜ、べいべ~

とりあえず描画速度向上を目指して、改良中だぜ、べいべ~

今まで、画質向上のために、ダブルバッファリングしてたけど、それをやめてもさほど酷いことにはならなかったぜ、べいべ~

そんでもって、画面更新がかなり早くなったぜ、べいべ~

一体、俺の努力はなんだったんだよ、べいべ~

だから、ダブルバッファリングをするかしないかを選択できるようにしておいたぜ、べいべ~

その上今は、描画処理をマルチスレッドで処理するように変更中だぜ、べいべ~

Ultra SPARC T1みたいな奴が出てきた事だし、並列化による速度向上は無視できない要素だぜ、べいべ~

それに、そろそろToolTalkでも使って、「主筆」間で連携を取るようにしなけりゃならない頃だぜ、べいべ~

でも、ToolTalkって、なんかやたらと難しいぜ、べいべ~

かなり辛いぜ、べいべ~

第14版公開までには、かなり時間がかかりそうだぜ、べいべ~

まぁ、誰に期待されてるわけでもないし、誰か使ってる奴がいるというわけでもないし、がんばったっても意味ないんだがなぁ、べいべ~

お~、べいべ~、べいべ~、もう、鬱だし脳、べいべ~

Sun Studio 11 のふぉ~らむに投稿してみたぜぇ

2005/12/07

この間のlibxdclass.aがリンクでいないとか言う問題ついて、Sunのふぉ~らむとやら言うところにゴルァをいれてみたぜ、べいべ~

しかも、英語だぜ、べいべ~

日本の寸のサイトにはSun Studioに関するふぉ~らむとか言うものはなかったぜ、べいべ~

だから仕方がなかったぜ、べいべ~

だがしかし、自分の投稿を自分で読み返しても何言ってんだか判んねぇぜ、べいべ~

これでまともなレスが返ってくるとは思えないぜ、べいべ~

それと、あんまり関係ないけど、Duke Dollarて一体何なんだ、べいべ~

これを集めると何かいいことがあるのかぃ、べいべ~

どうでもいいが、Dukeって公爵って意味らしいぜ、べいべ~

ぶっちゃけ言って、Dukeって可愛くねぇぜ、べいべ~

それに、http://java.com/ja/って、あれの一体どこが日本語なんだ? べいべ~

あれで、日本においてjavaの普及を目指そうと考えているという辺りは、お笑い以外の何者でもないぜ、べいべ~

そういやぁ、http://www.blogger.comも、全く持って日本語がなってないし、頻繁に英語に切り替わるし、日本語のページはほとんどないし、キーボードを押してから文字が入力されるまでに2,3秒位かかるし、文字の貼り付けをすると画面が勝手にスクロールしやがるし、バックグラウンドで通信してやがるし、googleでは絶対に検索されないし、他のblog検索サイトでも検索されないし、はっきり言って、ここのブログは使わない方がいいぜ、べいべ~

おぉ、べいべ~、べいべ~、今日は倉木真衣風に書いてみたぜ、べいべ~

最低新記録更新中

最近、俺のサイトが順調にPV数の最低新記録を更新し続けている。

一日当たり6PVだった日がある。無論、これはトップページ等の特定のページだけではない。サイト内の全ページの合計でだ。

それで6だぜ。全く、我ながら、なぜに金を払ってまでして、こんなサイトを維持しているのかと、小一時間・・・。まじめな話、間違いなく金と時間の無駄でしかないと思う。

で、なんでこんなに少ないのかと思って、いろいろとgoogleで検索してみたんだが、俺のサイトがどうやっても検索されない。唯一引っかかるキーワードが「syuhitu」。だが、こんなキーワードで検索かける奴は、俺以外にはいるとは思われない。

google以外ではどうかと思って、今度はmsnで検索すると、これは意外とちゃんと検索に引っかかる。それも1ページ目に出てくることもある。

なぜだろうか? 俺はgoogleには嫌われてるのだろうか?それに、俺の今までの経験からすると、更新結果が反映されるまでの時間はgoogleよりも、msnの方が早いような気がする。その上、googleではbloggerのブログは絶対に検索されない。

これは、少なくともblog位は別の所に移った方がいい、ということを示しているのだろうか?

SourceForgeとか言う奴

2005/12/05

今朝、ふと気がつくとSourceForgeとか言う奴に、syuhituなるプロジェクトが追加されている。だが、俺はこんなもんに登録した覚えはない。

さて、一体何だろうなと思いつつ、ちらちらとそのページを見つつ、自分の記憶の糸を手繰っていくと、ようやく思い出した。

確か、一年以上前に申請したような気がする。でもって、完全にシカトこかれたから、むかついてこっちも記憶の中から抹消していたのだ。

それが今になって登録されてるたぁ、どういう事だ。申請から登録までに一年もかかるなんてのはあんまりじゃねぇか?(しかも、登録日は厚かましくも申請日になってる)

基本的にオプソ厨は口汚ぇ上にやることなすこと全てが自己中心だから気分が悪い。いくら俺は金を払っていないとはいえ、おまえらはこれを商売としてやっているんだから、ちゃんとするべき事はやれってんだ。

まったく、連中は腹を切って子ぬべきだ。