日程

2008/05/18

今まで比較的本業の方が暇だったのだが、ここに来てまた忙しくなってきた。同時に、いろいろとプライベートな面でも時間を取られて、「主筆」の開発が一向に進んでいない。

まず、日程の都合がついた事から、大学のスクーリングに行くことにした。今年に入ってから全く進捗が無く、このままでは二年で卒業する予定だったのを延期せざるを得なくなってしまうので、可能な限り単位の取得を優先するようにしているのだ。その為、五月には五日ほど授業を受けに行き、貴重なスクーリングの単位を四つほど確保した。更に、六月と七月には、それぞれ一日ずつ年休を取得し、授業を受けに行く予定である。

単位修得試験は、四月に四科目分受けに行く予定だったのだが、これはごく単純に忘れていたためにすっぽかしてしまった。六月にはなんとしても受験しなくてはなるまい。スクーリング以外にも、全体的な単位の取得も、そろそろケツに火がついてきた感がある。

科目修得試験は最大でも月に四科目しか受験できない事から、十月で卒業できるか否かはスケジュール的に間に合うか否かに懸かっていると言える。だから、今後は決してすっぽかすことのない様、具体的な対応策を講じることにした。すなわち、カレンダーにこまめに予定を書き入れ、目につくところに吊しておくことにしたのだ。

原始的だが、俺にしてはまともな対応だと思われる。普段俺は、手帳などという小粋なものを持ち歩く習慣はなく、無論、その手帳を見ることもないので、スケジュール管理は事実上記憶力頼りとなっている。しかも、その記憶力とやらもかなり疑わしい代物なので、実際問題スケジュール管理などなされていないに等しい状態となっている。これでは、試験を受けに行くのを忘れたとしても仕方がない。だが、世間一般の主婦がやっているのと同じように、ちゃんとカレンダーに予定を書き入れておけば、忘れることもないだろう。

ところで、ここで使っているカレンダーというのは、年初に上司から余ったからという理由でもらった自社のカレンダーである。だが、本来であれば、例えカレンダーであっても自社の名前の書いてある物など使いたくもないし、ましてやそれを目につく位置に吊しておく等もってのほかである。ところが、もそろそろ梅雨に入ろうかというこの時期に、新規にカレンダーを買うのも癪だし恥ずかしいしもったいない気がしたから、我慢して使っておくことにした。来年は、もっと使いやすい、かつ、マニアックなカレンダーをちゃんと買うことにしよう。

大学以外にも、俺のプライベートの時間をそぐ要因がある。本業が忙しくて土曜日にも出勤しているし、結婚式が重なるし、いろいろと必需品を買いに行かなければならないし、意外と時間がなかったりする。

本業の忙しさが改善されることは金輪際ありえない事と思われるが、しかし、プライベートの忙しさはそう長くは続かない見込みなので、いずれ暇を見つけて「主筆」の開発を続けることにしよう。

今は、第20版として公開できるように、マニュアルの修正や配布イメージの構築を終わらせたところだ。また、そこまでやっておいて未だに公開していないのは、まだ部分的に改修を加えているためだ。

具体的に言うと、プラグインに公開する関数を強化しているのだ。今までは、プラグインから「ファイルを開く」ダイアログを表示させ、ファイル名を取得する事はできなかった。また、同じようにエンコード名を入力し結果を取得することもできなかった。だから、それが可能になるように作り込むのだ。
また、ファイルオープン時にエンコードの認識を行うようになったので、プラグインにもエンコード変換の過程に改修できるよう、パラメタを追加してやらなければならない。そのため、第20版が公開されるまでには、今しばらく時間がかかるだろう。まぁ、強いてわざわざせかす人もいないので、適用な頃合いを見計らって開発を進めていけば、それで十分だろう。