車輪

2008/08/21

自転車のタイヤがパンクした。このイベントは、確率的に時折発生するのだが、その原因はいまいちよくわからない。明らかに、画鋲や釘などの鋭利なものを踏みつけたのであれば仕方ないような気もするのだが、そういう覚えもないのに、気がつくと空気が抜けていたりする。なぜなのだろうか?

とりあえず、原因の心当たりを探っていたところで、今そこにある危機への対応にはならないため、修理することを考える。だが、まともに自転車に持って行くと1000円取られる上に、多少時間がかかる。そもそも持って行くのが面倒だ。そういうことで、100円ショップで売っていたパンク修理キットを使って自分で修理することにした。

パンク修理キットのパッケージの裏には、懇切丁寧に修理の仕方が記載されている。だからそれを見ながら、書かれている通りに赤いプラスチック製のヘラでタイヤの周囲を突き回すと、タイヤのゴムがはずれる。

ゴムがはずれたら、中から柔らかいゴムでできたチューブを引っ張り出し、水を張った洗面器に浸しながら穴が開いている箇所がないか探してみる。だが、この時点では漏出箇所を発見することができなかった。

とりあえず、穴が開いている箇所が無さそうであることと、明らかに空気を入れる口金のところに埋め込まれているバルブについている虫ゴム(と言うらしい)が痛んでいることから、多分これが原因なんだろうと当たりをつけて、適当にバルブを交換してみる。これも100円ショップで売っていた。

バルブ交換後に空気を入れ得しばらく放置しておき、改めて確認してみると、再び空気が抜けていた。どうやら、他に原因があるか、さもなくば交換したバルブが間違っていたらしい。

ということで仕方がない。今一度タイヤをばらして、再び漏出箇所を探してみる。先ほどは、あまりチューブに空気をたくさん入れないで水に浸してみていたが、もしかしたらそれが悪かったのかもしれない。だから今度は、明らかにチューブが太るぐらいに空気を入れた状態で穴探しを行ってみた。

すると今度は見つかった。明らかに空気が漏れ出てきている。よく見れば、小さな穴が開いている。何で突如こんな変な穴が開くのだろうか? 原因がわからない。

理由はどうあれ、穴が開いていて空気が漏れているのだから、その穴を塞いでみる。パンク修理キットのパッケージの裏には、ちゃんと穴の塞ぎ方が書いてあるので、それを見ながら接着剤で丸いゴムを穴にある位置に貼り付ける。

こんな接着剤なんかで大丈夫なんだろうかと思いつつも、とりあえず穴が塞がって空気が漏れなくなったので、多分これでいいのだろう。念のため、他にも空気が漏れていると箇所がないか、口金のところから空気が漏れていないか確認してみる。

問題が無さそうなので、はらわたを押し込んでタイヤをそれっぽい形に戻して、空気を入れてみる。これで直ったかどうかは、しばらく様子を見てみなければわからない。

結果はどうあれ、とりあえずこれで修理のやり方は判ったわけだから、今後はタイヤがパンクしても、その都度自転車屋に持って行く必要はなくなるだろう。だが、相変わらず真の原因がなんなのかは判らないままである。

どうにも忌々しいこの事象。どうにかならないものだろうか。

低脳

2008/08/16

いろいろあって、技術士とかいうやつを受けることになったのだが、どうにも難しい様だ。とりあえず、受験料1万1千円は払ってしまったのだから、何とかして受かりたいとは思ってはいるのだが、ここままでは確実に落ちるだろう。

しかし、そうはいってもただ落ちるに任せていても仕方がないので、とりあえずいろいろと本を買ってきて勉強してはいる。数学や物理など、俺みたいな低脳には余りにも壁が厚いのだが、にもかかわらず無駄な努力を続けている。

しかしそのお陰で、大学の試験に落ちた。二科目ほど、何の準備も心構えもなく受験したら、ものの見事に落ちた。しかも、そのうち一つは4単位の科目だった。

このせいで9月の卒業が大分怪しくなってきた。まだ必ずしも不可能と言うところまで入っていないが、しかし、全く余裕が無くなった。8月に行われた試験(3科目)が全て合格しており、かつ、8月後半にあるスクーリングの授業を受けにいくかもしくは9月の商業簿記の試験に受からなければ、半年間の留年が確定する。

高校の頃簿記の授業は死ぬほどやらされたから、多分余裕だろうと思って取ったのだが、これがスバラシク頭の中に残っておらず、全く手が出ない。試験を受けて合格するのは、それ相当の難行苦行を強いられることになるのが予測されるため、できれば8月末の授業を受けに行く方で単位を取るようにしたいものだ。これであれば、例え何も判っていなかったとしても単位だけは取ることができるのだから。

その為に、万策を尽くして夏休みの日程を調整、どうにか授業を受けに行ける目処が立った。あとは休みの間に大きなトラブルが起きて呼び出しを喰らわなければ、かつ、俺の単位数の計算に間違いがなければ、9月には卒業できるようになるはずだ。

大学を片付けたら大学院を始末したいと考えているのだが、現在のスケジュールで行くと、例え最速の場合であったとしても、10月からの大学院への進学は無理そうだ。となると、どうあっても来年の4月からということになり、半年ほど時間が空いてしまうことになる。著しく時間がもったいないが、まぁ致し方ないだろう。その間、技術士の一次試験と情報処理技術者試験のアプリケーションエンジニア試験の受験勉強にでも、せいぜい精を出すことにでもしよう。