タスクバーの色

2010/04/21

Windows 7の見てくれを派手にしたときのタスクバーの色は何によって決定されるのか。

たとえば、「マイコンピューター」は青である。


また、ペイントは薄い青であり、


古いMSDNは黄色だ。


まぁ、明らかにアイコンの色を使っているのだろうが、この色はどうやって決定しているのだろうか。とりあえず、いろいろと試してみた。

まず、こんなアイコン。すなわち、全部背景色の場合。


薄い青になった。


ちょっと複雑なパターン。周囲が赤で中が緑、わかりにくいが、四隅に青・黒・水色・黄色を設定してある。


緑になった。


紫ではない。1ドットづつ赤と青を交互に並べてある。


青くなった。


ならば、上記と同じパターンで青を黒に、赤を黄色に変えてみた。つまり、青と黒は同じ位置に存在し、かつ、赤と黄色は同じ位置に存在している。これでもし黄色が採用されたのであれば、ある特定の位置にあるドットを採用しているのではないと断言することができる。


予想通り黄色になった。


ここまでやると、だいたいどういうアルゴリズムを使っているのかが解ってくる。おそらく、アイコン中でもっとも彩度が高い色を採用しているのだろうと推定される。

ということで、今度は黒く塗りつぶした中で、1ドットだけ赤紫を入れたアイコンを作ってみた。


やはり赤紫である。


だったら、全部黒くしてしまったらどうなるのか。


薄い青になった。


どうやら、アイコン中に彩度の高い色がなかった場合には、この薄い青を使うようだ。

たとえば、下記のような白・灰・黒からなるアイコンだと、


薄い青になる。


まぁ、こんなことを調べてもどうしようもないのだが。

とりあえず、パッケージソフトウェアを作るのでれば、タスクバーの色がコーポレートカラーにるよう意識してもいいのかもしれない。

冷却

2010/04/17

RAIDカードが熱いという問題があり増設を延期していたのだが、調べてみると、やはり同じような問題に悩む人は多いらしい。拡張スロットに取り付けるブロアファンなるものがいくつか発売されていた。その中でも、ちょうど良さそうだったから、PC AIRCONなる製品を買ってきて、付けておくことにした。

とりあえず、写真を曝すとこんな感じになった。



中程にある大きなファンはCPUクーラーである。その下に拡張ボードが並んでいる。RAIDカードと冷却ファンは一番下に存在する。



RAIDカード周辺である。

画面中央に写っている、黄色と黒の金具(?)がRAIDカードのヒートシンクである。明らかに能力不足な、心許ない代物である。しかも、しっかりとくっついていて、取り外すことができないようになっている。VGA用のクーラーでも付けることができれば、それと交換してもよかったのだが、なにぶん3万円もする新品のRAIDカードを破壊する度胸はないから、その方法はあきらめることにした。

RAIDカードの下にあるプラスチックの箱が冷却ファンである。右側から風を吹き付け左側からケース外部に排気するようになっている。

温度を正確に調べたわけではないのだが、とりあえず指で触ってみる限りでは、まぁ、大丈夫だと思うぐらいには冷えるようになった。しばらくはこの状態で様子を見てみることにしよう。