技術士の筆記が通った

2011/10/29

技術士(情報工学部門)二次試験の筆記が通った。三回目にしてようやくだ。

今度は技術体験論文とか言うものを出さなければならない。あまり受かっている気がしなかったからちゃんとしたものが手元にない。全くないわけでもないのだが、完成していない。

11月7日までに出さなければならないと思うと、余裕も考えればおそらく3日の休日にを狙って書留を出すのが無難だろう。
そう思うと、blogを更新している暇などなく、この土日で仕上げなければならないという計算になる。

しかし、書くとは言っても、何が良くて何が悪いのかという判断基準がないと、書きようがないし、まして推敲もできない。仕方がないから、なんか指南書の一つも探してこようと思って本屋に行ってみた。

とりあえず八重洲ブックセンターに行ってみたが、技術士の参考書が並んでいるコーナーには、ハゲ親父が二・三人へばりついて本を漁っていたから、そこはあきらめた。

次に、普段はいかないoazoの丸善に行ってみた。そうしたら意外と沢山技術士関連の本があっていい感じだった。まぁ、近くにホモくさい男二人がいて、ずーっとしゃべり散らしていたのが気にくわなかったが。

まぁ、そこで一冊だけそれっぽい奴を買って、後は何とかでっち上げることにしよう。