Creators Updateを入れてみた

2017/04/06

Windows 10のCreators Updateなるものが公開されたらしいので、失業者らしく暇つぶしにアップデートしてみた。

Creators Updateで気になるのは高DPIの対応が改善されたらしいということなので、まずはその観点で調べてみる。

俺が思う、高DPI対応がなってないソフトの筆頭がOpenOfficeなわけだが、実際起動してみると、こんなん悲しい表示になっている。



画面全体がぼやけて、眼鏡をはずして世界を見ているかのごとくだ。前向きにとらえればウインドウ全体にアンチエイリアシングがかかっているという……わけはない。

なので、Windows 10 アップグレードアシスタントという、いまだかつて役に立った事がないソフトを起動して、そこからアップデートを試みる。アップデートした後、もう一度OpenOfficeを起動する。



だが、何も変わっていないように見受けられる。これは、明示的に設定してやらなければ有効にならない機能らしい。
ということで、OpenOfficeのEXE本体を見つけ出してきて、プロパティの値を変えてみる。





そうすると、なんとなく表示がきれいになったように見える。



※というか、ここのblogにキャプチャした絵をアップロードすると、勝手にサイズを変更されて、ぼやけ具合の変化がわからなくなるから困る。こうしたらちょっとはわかりやすいだろうか?



だが、重大な問題がある。ウインドウを移動したり、ウインドウのサイズを変更しようとしたときに表示されるウインドウ枠が位置がむちゃくちゃである。



これは、ウインドウのタイトルバーをつかんで移動しようとしたときの絵だ。キャプチャに映っていないが、マウスカーソルは灰色のタイトルバーの上から少ししか動かしていない状態だ。そもそも、ウインドウの位置とサイズを同時に変えるすべはなく、通常の操作だけでこの画面を得ることは不可能であり、明らかに動きがおかしい。

まぁ、日本語で言ったところでアメリカ人相手に通じるとは思えず、なんの意味もないのだろうが、とりあえずフィードバック Hubというソフトから報告だけは上げておいてみた。


0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home