2005/12/26

Solarisを再インストールする羽目に陥った

壁紙をプーチン大統領したせいで、どうも常にKGBに狙われてるような気がしてならない。そのせいもあってか知らないが、つい操作ミスを犯して、消してはいけないパッケージをいくつか削除してしまった。おかげで、新しいプロセスを上げること出来なくなってしまった。

消してしまったパッケージをもう一度インストールすれば良さそうな気もするのだが、しかしそのパッケージはどこに行けば手に入るのかの判らないし、おまけにパッケージを入れるプロセスを上げることもできなさそうだし。

致し方がないから、とうとうSolarisを再インストールしてしまうことにした。ついでに、この前はSolarisの8をインストールしたのだが、今回は10にしておくことにした。やはり、ファイルシステムやその他諸々の性能は」、8よりも10の方が確実に向上している。少しGNU臭が強くて何かと気に入らないが、まぁ仕方ない。

で、土曜日にSolaris10を入れて、ようやくSun Studio 11をインストールした。

さすがにSPARC IIeの500MHzよりも、SPARC IIIi 1GHzのデュアルの方が体感速度が速いな。メモリも増設したからインタリーブが有効になったし。とは言っても、それでもやっぱり、Javaで作られてるし、もっさり感は否めないがな。

まぁ、じきにインストール状況と使用方法なんかをまとめてWebページに公開することにしよう。

0 件のコメント: