2006/02/08

犬の染色

Novell(すでに終わった会社だな)が、犬のGUIを改悪するとかいうプロパガンダを表明したらしい。もともと犬はMacのゴテゴテなUIを真似てどんどん使い物にならないものになっていっているのだが、それをさらに加速するつもりのようだ。

世の中には不思議なことを考える人たちがいるものだ。

犬のUIの使い勝手が悪いのは、UIの統一性が取れていないことであり、消して派手なエフェクトが無いからではない。派手なマウスストーカーがついてきたり、アイコンを選択すると爆発したり、ウインドウがひん曲がって出入りするようなアニメーションが表示されたり、汚いフォントをぼかしてごまかしたりすることが使い勝手の向上に貢献するとは思えない。それよりもはgnomeとKDEの操作性の統一や、「はい」と「いいえ」のボタンを位置を統一したりすることのほうが先だと思う。ウインドウを閉じたり最大化したりするボタンのアイコンと挙動を統一するほうが先決だと思う。

まぁ、俺は犬は嫌いだから、こうやって自滅してくれれば結構だとしか思わないのだが。こういう風に余分なエフェクトがどんどん増えていけば、時期に「CDEよりgnomeの方が軽い」とか「WindowsよりLinuxの方が早い」とか言うプロパガンダが間違っていることに気が付かざるを得ないようになるだろうから。

・・・とは言っても、現状明らかにGTK+よりMotifの方が軽いのに(何せ開発が止まってるのだから)、それでもGTK+の方が軽いとか、gnomeの方が軽快だなどといっているような連中は、一生涯事実を認めることは無いのだろう。信者にとっては事実は問題ではなく「全ての面において自分が信じているものの方が上である」と言うことが問題なのだから。

信者ってのは、見てて面白いな。

0 件のコメント: