2006/02/06

FORTRANをやってみる

Sun Studio 11は最古のプログラム言語であるFortranに対応している。いまどきこんな言語を使うやつがいるのかどうだから知らないが、多分需要があるのだろう。並列化のことや過去の資産・言語仕様等を考慮すると、学術計算においてはこれの右に出るものはない、とか言う話だし。

まぁ、とにかく俺にとっては未知の言語であるFortranの処理系(それも極めて実用的な奴)が、いま俺の目の前に転がっているのだから、技術屋としてはこれを放置しておくわけには行かない。使ってみることにしてみた。

ただ、新言語を習得するとは言っても、結局俺はC/C++をメインにやっているのであり、今後をそれを変えるつもりもないのだから、あまり金と時間をかける訳にはいかない。というか、予算はまったくない。だから、全部Web上のロハの情報だけでどうにかすることにした。

だが、やってみるとこれがなかなか大変だ。やっぱ、只なものは只なだけあって、記述の程度が浅い。それにFORTRANにはFORTRAN77だとかFortran90だとかいう書式が違ういくつかのバージョンが混在している。かなりややこしい。どうせやるなら新しいほうにしておこうとも思うのだが、Webページでは大概がFORTRAN77で解説していたりする。やはり只より高いものはないという格言は真実なのか。

新言語を習得するなら何か目標を立てたいようにも思う。何が良いか。

特に何でも良いんだが、とりあえず「主筆」がらみでプラグインでも作ってみることにしようか。でもって、それをFortranでの開発方法としてWebページにでも書いてみることにしよう。だいぶ先のことになるだろうがな。

0 件のコメント: