2006/05/28

英文

英文とはいえ、人間が書いている限り間違いもあれば不明瞭になる場合もあるだろう。文章の運びや言い回し、単語の選択など、読みにくいものになる場合もあるだろう。

Sunのマニュアルを読んでいて、どうにも意味がつかみかねる文章が多くて、今まで大分苦労してきたのだが、この苦労は必ずしも俺の脳味噌の働きが鈍いせいでもないようだ。

酒(ブランデーだな)の勢いを借りて、声を大にして言わせてもらおう。Sunのマニュアルは分かりにくい。文法がむちゃくちゃだ。

日立のマニュアル(仕事でよくお世話になる)も分かりにくい事で有名だが、しかし、アレはまだ文法に間違いはない。一文が長かったり、係り受けが複雑だったり、曖昧な言い回しだったりして、直感的に理解しにくい文章ではあるが、しかし日本語ではある。

だが、Sunはどうだ。もう一度言おう。あれは英語ではない。一体何なんだ。あの片言英語は。おまえらそれでもアメ公か。俺の書いている英文とすっとこどっこいじゃねぇか。

外部に公開する正式なマニュアルなら、文法上のミスやタイプミスぐらいちゃんと添削しろよ。仕事だろうが。


それに比べると、jpeglibに付いてくるREADMEの英文は分かりやすかったな。あの文章は不思議と理解しやすかった。読んでいると、何となく俺の頭が良くなったような気になってくる。平易で明確に書いてあった。

俺も下らないWebサイトを作っている身として、あるいは社会人として文章を書かざるを得ない立場にいるものとして、分かりやすい文章を書くように心がけたいものだ。

だがしかし、文章の書き方は「心がけ」だけでどうにかなるもんではないんだかな。事によれば、プログラミングよりも深遠なテーマだしな。……練習あるのみ、なんかいな。やっぱり。

0 件のコメント: