2006/05/04

Solaris8版バイナリの作成

そろそろ嫌になってきた。Forte C++ 6.0だとどうにもうまくコンパイルできない。できたと思ったら、起動時にプロセスがcoreを吐いて落ちる。

休日も残り少なくなってきたことだし、ここは一旦諦めて、今まで通りSolaris10版バイナリだけにして公開しようと思う。(それにしても、起動できないというのは気になるな。プログラムのバグなのだろうか? あるいはコンパイルがうまくいっていないだけなのだろうか?)

そうするとCD-RWドライブを買った主目的が達成できなくなることになるのだが、まぁいいか。バックアップ用に使いでがあるのだから。Solaris8でちゃんと書き込みができるかどうか心配だったけど、どうやら問題なくできるみたいだし。

余談になるけど、一応メモ代わりにCD-Rの書き込み方をここに書いておこう。

まず、書き込みたいファイルをISO形式に変換する。
mkisofs ファイル1 ファイル2 > isoファイル

CD-Rに書き込む
cdrw -i isoファイル

で、良いらしい。とりあえず、ちゃんと読み込める。

改めてみると、せっかくのBlade100の見てくれが酷いことになっているが、まぁ致し方あるまい。どうせ中身にもいろいろと手を加えてあって、もはや中古で売れるよな代物じゃないし。こうなったら徹底的にいじり倒してやろう。

0 件のコメント: