2008/10/18

進路

引っ越しだの試験だので忙しいのにもかかわらず、このところ本業の方が忙しくなってきて辛い。今までやってきた開発案件が、紆余曲折の末にようやく納品までこぎ着けたと思ったら、今度は客のエロい人にケチを付けられ、またしても振り出しに戻りそうな予感である。もうやだ。

情報処理技術者試験を受けると前々から言ってあるはずなのだが、一体どうするつもりなのだろうか。別に、なにがしかのサポートをしてくれと言っているわけでもないし、受験料だってもとより自腹で出しているのではあるが、それでもせめて試験日に試験を受けに行かせてくれる位の配慮があったっていいのではないかと思う。俺は何か間違ったことを言っているだろうか。

所詮、人身売買で利益を獲得する会社なのだから、商品自身が商品価値を向上する取り組みぐらい認めてもらいたいものだ。


大学の方は卒業が確定したから、次は大学院である。しかし、どこに行くのが良いだろうか。

基本的に、修士だからといって何か意味があるかといえば、何もないように思われる。つまり、最低ラインで博士まではやらなければならないと考えている。であれば、博士課程のある所に行かなければならない。

また、俺個人の希望として、できれば理系の、欲を言えば情報系の学科にしたいと考えている。もしそれが不可能なら、経営か会計である。いずれにせよ、学際的な奴、平たく言えば何の専門なのかが理解できないような奴は避けたいと思う。そうすると、進むべき道はかなり限られてくる。

その上、生きて行くためには仕事を続けなければならない都合上、いけるところは極端に限られてくる。できれば通信制が良いのだが、どうしても選択肢がないのなら、土日や夜間に開講しているとか言うものでも良いのではないかと考えている。

どこに行くべきか、というのは非常に重大な問題である。いけるか否かについては後で考えればいいものとして、とにかく進学先を決定しなければ話にならない。いろいろと条件を勘案して、後悔の無いようにしなければなるまい。

0 件のコメント: