2009/04/23

経歴

努力の甲斐あって、技術士の試験の受験申し込み手続きが完了したようだ。とりあえず、申し込みを受理したとか何とかそういった内容のメールが来た。これは、受験ができるという解釈で間違いないのだろうか? いずれにせよ、受験票が来る頃になってみれば判るだろう。

提出した業務経歴だが、これは当然の事ながら素直には書いていない。何せ、入社してから今年の3月末でちょうど7年なのである。入社直後には当然の事ながら研修が行われ、その間はもちろん仕事なんかしていない。配属後だって、右も左も判らないような新人に何ができるわけでもないし、さらには、しばらくの間仕事を離れて研修漬けだった期間もあるわけで、それを単純素直に書いたら「技術士にふさわしい業務の経歴が7年以上」という制約条件を満たすことができない。

だから、入社直後の期間については、そのころやっていた開発プロジェクトの名前を適当に書いておいた。まぁ、全く何も知らないものを書いて、変な突っ込みを受けてボロを出すわけにも行かないから、ある程度話ができるような物を挙げておいたのだが。また、しばらく研修で仕事をしていなかった時期については「○○の研究」ということでごまかしておいた。まぁ、内容の程度は別として、嘘は言っていない。

最近のものにしたって、普段はノーマルな受注開発を行っているノーマルな雑用係に過ぎないのだから、それをそのまま実体通りに書いても制約条件を満たすことはできない。受験要項を見ると「科学技術に関する事項についての計画・研究・設計・分析・試験・評価」をやっていることとある。だから、なんとしても語尾を「計画」「研究」「設計」「分析」「試験」「評価」のいずれかにしなければならない。しかしこのうち、「計画」「分析」「試験」「評価」というのは、ちょっと余りにも実体とかけ離れた感がある。とりあえず「設計」であればあながち嘘ではないので、全部これにしておいた。

順序にしたって、当然の事ながらオーバーラップする部分はあるはずで、それをそのまま書くことはシステム上の制約からして不可能である。だから、多少は実体とずれている部分がある。いや、はっきり言おう。かなりずれている。だが、こればかりは仕方がない。何せ、入社してから7年でパッツンパッツンなのである。期間を短くすることはできない。明らかに怪しいが、みっちり「設計」と「研究」に明け暮れていました、という内容にしておいた。

内容が何であれ、それを証明する「公印」は取ってきたのだし、問題は無かろう。経歴を証明する手だてもなければ、それを確認する術もないのだ。後は、(筆記試験に受かったらの話だが)口頭試問でボロが出ないようにすれば良いまでの話だ。まぁ、それが難しいのだが。

0 件のコメント: