2010/12/12

Windows 98

意味はないがWindows 98を買ってきてみた。

現在ではMSDNでもWindows XP以降しかダウンロードできず、9x系のOSを手に入れることはできない。しかし、秋葉原のジャンク屋でWindows 98を売っていたから半ば衝動買いしてみた。

セットアップ中の画面である。

なお、セットアップ直後にWindows Updateを試みたが、IE4.0がフリーズしてパッチを落とすことができなかった。嘘ばっかり書くんじゃない。

もう一枚セットアップ中の画面。

2000年対応も万全だそうだ。だが、今は2010年である。

起動時の画面。

ここまで来る間に、数回再インストールをやり直している。ついでにいうと、この画面をキャプチャした後にも、何回かやり直している。さすがに無印98はじゃじゃ馬である。

起動した。

画面の色が16色表示な上に解像度が640x480で作業しづらい。だが、Virtual BoxにはWindows 98用のディスプレイドライバは添付されておらず、これ以上、どうしようもないらしい。

と思ったが、検索したら同じようなことをやっている人間が結構いるらしい。こんな情報が出てきた。

とりあえず、書いてあるとおりにディスプレイのドライバを落としてきて入れてみると、まともに表示されるようになった。

なお、この時点ではまだIE4.0である。

IE4.0ではMicrosoftのWebページを表示することができず、IEのバージョンアップすらできない。仕方がないから、ホストOSのWindows Server 2008でIE6.0を落としてきて、それを使って98のIEを6.0にした。

まぁそう書くだけなら簡単なのだが、実際にはこの作業だけでも結構苦労している。

不思議なことに、マインスイーパーやソリティアなどのゲームはデフォルトではインストールされず、Windows Updateで配られていた。深い意味はないが、とりあえず入れてみた。


ディスプレイドライバの設定なのかコマンドプロンプトの設定なのか、原因は分からないがMS-DOSプロンプトを起動しようとすると、画面の表示が乱れる。

無論、このままでは操作できないから、再起動するほか無くなる。


まぁ、Win98を入れて何に使うかと問われても微妙に困るのだが。とりあえず、「鋼鉄のガールフレンド」を入れてみた。


昔は動画の表示は辛かったのだが、今は何の苦もなく動作する。しかも、音もちゃんと再生される。仮想環境の上なのに。

2010/08/22

いれてみた

ホストOSとしてWindows Server 2008 R2 Standerdを、ゲストOSとして今まで使っていたWindows 2000 Professional(32bit)、新しく落としてきたWindows XP Professional(32bit)とWindows Vista Ultimate(64bit)を入れて起動してみた。

ついでにFedraをいれて、こんな感じになった。



しかし、間違ってVistaに割り当てるメモリを512MBで起動してしまった上にアップデートをやってしまったから、いつまでたっても終わらない。ホストOSにはまだ十分にメモリが余っているのに、一人でスラッシングを発生させて、一人で勝手に大変な騒ぎを演じている。

そろそろ、VMを殺してしまおうかどうか悩み始めている。

2010/08/15

VS2010

ついにVisual Studio 2010 Professional with MSDNを手に入れた。当初の予定では6月ぐらいには購入する予定だったのだが、本業が忙しくてそれどころではなかったため延期していた。しかし、技術士2次試験(筆記)も終わり、少しだけ余裕ができたから思い切って買ってしまった。

買ったはいいが、悩ましいのはOSをどうするのかという問題である。せっかくのMSDNである。様々なバージョンのWindowsをインストールできるという権利である。これをを使わないのではMSDN付きで買った意味がない。そもそも送られてきたメディアに、すでにしてWindows Server 2008 StanderdとWindows 7 Ultimateが付属しているのだ。どう考えても、使わないわけにはいかないだろう。

現状、使用しているOSはWindows 7 Professionalである。電源BOXと一緒に買ったDSP版だ。これをWindows Server 2008 R2 Standerdに変えるか、Windows 7 Ultimateに変えるか、それとも変えないか、悩ましいところである。

7のProとUltimateにはたいして違いがなさそうである。持ち歩く気の更々ないデスクトップPCでBitLockerとかいうものを使う気はしないし、そう考えると、わざわざ労力をかけて入れ替える気力はわいてこない。してみると、Windows Server 2008にするのが妥当だろうか? その上で、Hyper-Vとかいうもので各種バージョンのWindowsを動作させれば、多少はおもしろいことになるのではないか。

せっかく作った環境を作り直すのも辛いといえば辛いが、まぁ、ゆっくりと考えることにしよう。

2010/05/08

話題

近年、インメモリデータベースとかいうものが出てきて、話題になっているらしい。俺が今やっているシステムでも、このインメモリDBを使うとか、使わないとかいう検討をやっている。

いろいろな事情があり、Oracleの人が来て「性能要件が厳しいからTimesTenを使うといいです」というようなアピールをしていった。しかし、こういっては何だが、実を言うとそれほど大変な性能を求められるということでもないようだ。

更新するレコードは秒あたり数件ぐらいだし、参照だって1日に一度バッチ処理で参照する以外は、更新のために見るというだけである。

ネットの記事を見る限りでは、普通のOracleでも数万件/秒の更新ができると書いてる。話を100倍ぐらいに膨らませて書いてあるとみたって、数百件/秒はできるだろう。そう考えると、強いて目新しいものに手を出す必要はないような気がしてくる。

ぶっちゃけていえば何を使ったってできるはずである。それなのに、製品選定の比較検討で丸二ヶ月忙殺されていて、正直言って疲れた。他にもやらなければならないことは山ほどあるはずなのだが、なぜにDBだけでこれほど振り回されなければならないのだろうか。

組織とは不思議なもので、一度やり玉に挙げられると徹底的に叩かれるという性質がある。今回のDBがいい例だ。比較検討を行うのならOSやCPUだって検討しなければならないはずなのに、一度も何の議論も行われることもなくx86のLinuxだと決定してしまった。他のソフトにしても同様だ。それなのに、DBMSだけはいつまでも揉めている。

他にも例はある。俺が勤めている会社はベンダーである都合上、社内では常にいくつかのプロジェクトが平行して走っている。そして、その中で目立つ案件についてはエラい人に目をつけられて、いろいろと締め上げられるという悪しき慣例がある。

ではどういう条件で絞めるプロジェクトが決定されるのかというと、その判断基準は非常に曖昧である。ある程度は規模に比例するらしいのだが、必ずしもそうとは限らない。納期が厳しいとか、金がないとか、そういった基準でもないらしい。どうやら「話題に上った」プロジェクトが絞め殺される対象になるらしいのである。

ということは、世の中をうまく渡っていくためには、言葉を変えるのならプロジェクトを滞りなく進めて安定して利益を得るためには、とにかく目をつけられないこと、話題に上らせないことが重要であるといえる。誰にも何も気づかれないうちに全てを片付けてしまうこと。これに尽きる。そうすれば、全く報われることのない、無用な苦しみから逃れることが可能となるはずである。

2010/04/21

タスクバーの色

Windows 7の見てくれを派手にしたときのタスクバーの色は何によって決定されるのか。

たとえば、「マイコンピューター」は青である。


また、ペイントは薄い青であり、


古いMSDNは黄色だ。


まぁ、明らかにアイコンの色を使っているのだろうが、この色はどうやって決定しているのだろうか。とりあえず、いろいろと試してみた。

まず、こんなアイコン。すなわち、全部背景色の場合。


薄い青になった。


ちょっと複雑なパターン。周囲が赤で中が緑、わかりにくいが、四隅に青・黒・水色・黄色を設定してある。


緑になった。


紫ではない。1ドットづつ赤と青を交互に並べてある。


青くなった。


ならば、上記と同じパターンで青を黒に、赤を黄色に変えてみた。つまり、青と黒は同じ位置に存在し、かつ、赤と黄色は同じ位置に存在している。これでもし黄色が採用されたのであれば、ある特定の位置にあるドットを採用しているのではないと断言することができる。


予想通り黄色になった。


ここまでやると、だいたいどういうアルゴリズムを使っているのかが解ってくる。おそらく、アイコン中でもっとも彩度が高い色を採用しているのだろうと推定される。

ということで、今度は黒く塗りつぶした中で、1ドットだけ赤紫を入れたアイコンを作ってみた。


やはり赤紫である。


だったら、全部黒くしてしまったらどうなるのか。


薄い青になった。


どうやら、アイコン中に彩度の高い色がなかった場合には、この薄い青を使うようだ。

たとえば、下記のような白・灰・黒からなるアイコンだと、


薄い青になる。


まぁ、こんなことを調べてもどうしようもないのだが。

とりあえず、パッケージソフトウェアを作るのでれば、タスクバーの色がコーポレートカラーにるよう意識してもいいのかもしれない。

2010/04/17

冷却

RAIDカードが熱いという問題があり増設を延期していたのだが、調べてみると、やはり同じような問題に悩む人は多いらしい。拡張スロットに取り付けるブロアファンなるものがいくつか発売されていた。その中でも、ちょうど良さそうだったから、PC AIRCONなる製品を買ってきて、付けておくことにした。

とりあえず、写真を曝すとこんな感じになった。



中程にある大きなファンはCPUクーラーである。その下に拡張ボードが並んでいる。RAIDカードと冷却ファンは一番下に存在する。



RAIDカード周辺である。

画面中央に写っている、黄色と黒の金具(?)がRAIDカードのヒートシンクである。明らかに能力不足な、心許ない代物である。しかも、しっかりとくっついていて、取り外すことができないようになっている。VGA用のクーラーでも付けることができれば、それと交換してもよかったのだが、なにぶん3万円もする新品のRAIDカードを破壊する度胸はないから、その方法はあきらめることにした。

RAIDカードの下にあるプラスチックの箱が冷却ファンである。右側から風を吹き付け左側からケース外部に排気するようになっている。

温度を正確に調べたわけではないのだが、とりあえず指で触ってみる限りでは、まぁ、大丈夫だと思うぐらいには冷えるようになった。しばらくはこの状態で様子を見てみることにしよう。

2010/03/28

RAID

PCのHDDが単体ではやはり不安だから、前々からRAIDにしようとは思ってはいたのだが、ついにそのときが来たようだ。



買ってきたのはAdaptec RAID 2405という奴である。でもって、上に見えている銀色のものが、320GBのHDDが3つだ。

一応、マザーボードにRAIDの機能があるのだが、所詮はソフトウェアRAIDであり、何となく疑わしいこととSolarisではおそらく対応していないであろうことから、まともなハードウェアRAIDの拡張カードを買ってきてみた。

しかしこのカード、検索して調べてみると、どうやら非常に高温になるらしい。AdaptecのWebページにも、一定以上の通風があることを前提としていると記載されている。

しかしまぁよくわからないから、とりあえずつなぐだけつないで、電源を入れて状況を確認してみたのだが、やはり噂に違わずべらぼうにあつくなるようだ。火傷しそうなほどだという書き込みもあるが、確かにそれぐらいあつくなる。

PCの内部を模式図で表すと、こんな感じである。



右下から冷たい空気を吸い込み、HDDを冷やしつつ、CPUクーラーを通り抜け、右上の電源ないしケースファンから熱い空気を吐き出す。おおよそはこれでいいと思うのだが、しかしこの形だと明らかに拡張ボードを冷やすことができない。

拡張スロットに付けるファンもあるようだが、それらはたいてい排気用である。それでいいのだろうか。もっと、風をしょぼくれたヒートシンクに直撃させてやった方がいいのではないだろうか。

まぁいずれにせよ、このままでは使用には耐えないので熱対策ができるまではRAID化は延期することにしよう。

2010/03/03

職務

最近、どうにも体に疲れがたまってきているようだ。体のいろいろなところが痛くてたまらない。

客から引き合いがあると、提案書を作成する。その成果があって受注すると、今度は設計作業が始まる。客の社内では企画と呼ばれる作業があるはずなのだが、それはベンダーが提案書を作成している時点ですでに終わっている。そのため、俺のような外注業者は要件定義と呼ばれる作業工程からプロジェクトに参画することとなる。

プロジェクトが立ち上がると、関連する他システムでの開発案件や契約条件にも大きく影響を受けるのだが、一般的には開発環境を用意しなければならない。すなわち、設計・開発作業に使用するPCを用意して、LANを引いて、開発用のソフトを用意して、そいつらを使えるようにする作業である。すでに使える状態でそいつらが存在するのであれば、ことは早いのであるが、全く新規のプロジェクトである場合などでは、一から全部用意しなければならない。

PCや開発用ソフトを用意すると言っても、別に電気屋に行って買ってくるわけではない。それなら困ることは何もないのだが、そうではなく、社内の然るべき部署に言って用意してもらわなければならないのである。それも、かなり多くの部署と連絡を取り合い、いろいろと調整しながら作業を進めなければならないため、俺のような引きこもりには身を切るようにつらい仕事である。

しかも、調整だの連絡だの申請だのと言ういやな仕事を一方的に俺に押しつけ、なおかつ都合が悪くなると俺を攻撃することで自分の身を守ろうとするような輩が多く、それこそ無駄に神経を消耗させられるからたまらない。その上、客との打ち合わせでも俺が矢面に立って話をしなければならない。そう言う立場に追い込まれてしまった。

俺はガキの頃から人付き合いが苦手で、だから少しでも人間関係に煩わされなくても良さそうな技術系の仕事を志し、結果としてSEという今の仕事に就いたのだが、それが大きな間違いだったようだ。どうにも人間関係の問題から逃れることはできないようだ。それどころか、俺の仕事のほとんど全ては、人間との調整につきるようだ。

明らかに俺の性に合わない。これ以上、今の仕事を続けるのは無理だ。

2010/02/11

設備投資

2チャンネル同時に録画できるBlu-rayディスクレコーダーがあるから、とりあえずテレビの録画については困ることはないだろうと考えていた。しかし、人の欲望というものはとどまるところを知らず、設備を増強すればするだけそれを上回る欲求が生じるようだ。前々から恐れていたことではあるが、とうとう、録画したい番組が3つ重なるという事故が起きてしまった。

単純安直な対処法としては、それか一つをあきらめるということになるのだが、それが許されるほど俺の強欲は甘くない。ということで仕方がない。もう一つ録画できる仕掛けを用意することになった。

今まで、オーディオ関係とPCとは完全に切り離すという方針で設備増強を進めていたため、今回も独立したHDDレコーダーか何かを買おうかと考えたのだが、そうするとかなり高くつくことに気がついた。中古のDVD+HDDレコーダーでも、HDで録画できるものとなるとそれ相当の値段になる。

ということで仕方がない。今までの方針を覆してPC用の地上波デジタルチューナーを買うことにした。これなら、新品で買ったとしても安く押さえることができる。

まぁ、これも中古で買うという選択肢も考えられたのだが、なにぶんPCが64bitのWindows7である。周辺機器の互換性は想像以上に低い。いくら安くても動かなかったら元も子もないから、64bitのWindows7対応を明示的に謳っている製品を買っておくことにした。

ということで、幾分高かったがIO-DATAのGV-MVP/VSという奴を買ってみた。



アンテナ線を接続する機器が複数あり配線には多少苦労した。模式図にすると下記の通りである。



テレビにつながるBSデジタルがなくなってしまったが、まぁ、テレビのチューナーはもとより使っていないから問題はない。

多少の試行錯誤はあったがどうにか無事に使えるようになった。なお、画面を曝そうかとも思ったが、mAgicマネージャDigitalという奴が起動していると画面のキャプチャがブロックされる(おそらく、PrintScreenキーがつぶされるのだろう)から、やめておくことにした。まぁ、著作権の問題もあるし。

しかし、このチューナーをインストールするとデフォルトでログイン時に自動的にmAgicマネージャDigitalという奴が起動するようになるのだが、そうした場合、設定を自分で変えるおつむのない奴は金輪際画面のキャプチャができなくなるのだが、いいのだろうか。まぁ、自動的に起動しないように設定ことも、明示的に終了させることもできるのだし、そもそも、自分でヘルプを読んだり設定を変更する知的能力のない人間が画面をキャプチャする必要があるとも思えないから、たぶん問題はないのだろう。

とりあえず、相性およびその他の問題は生じていないようだ。参考までに主要な環境を公開しておこう。

・OS : Microsoft windows 7 Professional
・CPU : Intel Core i7 920
・メモリ : 12GB
・M/B : ASUS P6T
・G/B : ELSA QUADRO FX 580

全く関係ないが、PC本体を裏側から見るとこんな感じになっている。


DVIの下にある二つ並んだ丸いコネクタがアンテナ線をつなぐF端子である。ついでにいうと、その上下に4つあるD-Sub9ピンのコネクタはRS-232Cである。マザーボードにはUSBは6個もついている癖してRS-232Cポートが1つもないため、あえてわざわざAREA SD-PCI9845-4Sという拡張ボードを装着している。sunのマシンが2台ある都合上、どうしたってRS-232Cが必要になるのである。

ハードウェアはだいたい上記の通りである。機能面に関しては、また今度気が向いたら書くことにしよう。

2010/02/06

耐震

いろいろな理由がありロハで手に入れた、日立製のDT19BPというディスプレイ。



不思議なことにこれは、前後には動くのだが、左右には回転しない。仕方がないから、100円均一で回転テレビ台を買ってきてみた。



ついでに、耐震用の粘着ゲルも買ってきて、それで動かないように固定してみることにした。しかし、どうにも粘着力が弱いような気がする。



それに、回転台そのものが二枚に割れて壊れそうな気がする。

まぁ、地震が来たらそのときまでだという考え方もなきにしもあらずだが、しかし、俺はまだ死にたくない。安いコストで万一の事態に備えることができるのなら、その支出は無駄ではないと考えている。

だとしても効果がないのでは意味がない。今までの経験からすると、粘着ゲルの粘着力は価格に比例するようだ。買うのであれば、あまりケチらずちゃんとした奴を買った方がいいらしい。

2010/01/02

編隊

振り返ってみれば、2009年の5月頃から「主筆」の大規模なリファクタリングに手をつけ始めている訳なのだが、年が明けてもその作業が終わりそうにない。

とりあえず、文字列を保持・管理するモジュールについては大部分作成し終えた。だが、これの動作確認を行うためのテストドライバを作成しなければならないのだが、それが面倒でやる気が出ない。



上の簡単な絵で言うと、いじらなければならない部分のうち、下3分の1について終わりが見えてきたという状態だ。



でもって、微妙な青緑色で塗りつぶされたモジュールをテストするためのテストドライバの作成が残っている。

正確には、文字が描画される幅を求めてインデックスを更新する機能を除いては、テストドライバも作成されており、すでに動作確認も終わっている状態となっている。だが、この作成されたドライバに文字幅の情報が正しく設定されているか否かチェックする機能を実装するのが面倒でやる気が出ないのだ。

そもそも、いくら頑張って作ったところで結局のところ使うのは自分だけで、しかもこの努力が人から理解されることも評価されることも絶対にないと分かっているからこそ、なおのことやる気が出ない。では、なぜこんな作業をしているのかと問われると、それこそ答えに窮する。まぁたぶんそれは俺が変態だからなのだろう。

とりあえず、今作っている部分が満足に動くようになれば、後は比較的簡単な作業のはずだから何とかなるだろう。そうすれば第21版の公開も可能となるはずである。