2010/03/28

RAID

PCのHDDが単体ではやはり不安だから、前々からRAIDにしようとは思ってはいたのだが、ついにそのときが来たようだ。



買ってきたのはAdaptec RAID 2405という奴である。でもって、上に見えている銀色のものが、320GBのHDDが3つだ。

一応、マザーボードにRAIDの機能があるのだが、所詮はソフトウェアRAIDであり、何となく疑わしいこととSolarisではおそらく対応していないであろうことから、まともなハードウェアRAIDの拡張カードを買ってきてみた。

しかしこのカード、検索して調べてみると、どうやら非常に高温になるらしい。AdaptecのWebページにも、一定以上の通風があることを前提としていると記載されている。

しかしまぁよくわからないから、とりあえずつなぐだけつないで、電源を入れて状況を確認してみたのだが、やはり噂に違わずべらぼうにあつくなるようだ。火傷しそうなほどだという書き込みもあるが、確かにそれぐらいあつくなる。

PCの内部を模式図で表すと、こんな感じである。



右下から冷たい空気を吸い込み、HDDを冷やしつつ、CPUクーラーを通り抜け、右上の電源ないしケースファンから熱い空気を吐き出す。おおよそはこれでいいと思うのだが、しかしこの形だと明らかに拡張ボードを冷やすことができない。

拡張スロットに付けるファンもあるようだが、それらはたいてい排気用である。それでいいのだろうか。もっと、風をしょぼくれたヒートシンクに直撃させてやった方がいいのではないだろうか。

まぁいずれにせよ、このままでは使用には耐えないので熱対策ができるまではRAID化は延期することにしよう。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

大きめのヒートシンクを貼って、一番下のPCIスロットのカバーを外してはどうでしょう。上部から排気してると、PCIスロットの部分が抵抗が無いので吸気に回るはずです。
床に近いのでホコリが心配ですが・・。