2011/05/15

Windows Home Serverを使う価値はあるか?

一応気になるので、Windows Home Server 2011について考えてみる。

現時点で、サーバ用にWindows Server 2008 R2 Standerdを(評価用に)使用しているが、この環境を壊してWindows Home Server 2011にする価値があるのか無いのか。検索しても余りまともな評価もみられなかったので、とりあえずVirtual Boxに入れることにしてみた。

まぁ、ライセンス認証をしなければ失うものは何もあるまい。

まず、何が必要かと言えば、下記の機能がサポートされていなければならない。
(1)Active Directory
(2)DNSサーバ
(3)ASP.NET
(4)SQL Server

SQL Serverはいずれにせよ後から入れなければならないので、まぁ問題ない。気になるのはActiv DirectoryやDNS・ASP.NETが使えるか否かである。

旧バージョンのWindows Home Serverを確認する限りでは使えそうだったのだが、2011になってからどうなったのか。

■ハードウェア要件
・CPU  : 1.4Ghz以上(x64のみ 最大1CPU)
・メモリ :最小2GB 最大8GB
・HDD  :最小160GB

不思議なことに、MicrosoftのWebページにはHDDは80GB以上と書かれており、製品カタログのPDFファイルには64GB以上と記載されている。だが、実際にインストールしてみると160GB以上無いとインストールできないといって怒られる。

■インストール
インストール直後の画面



旧バージョンの時は警告画面はWebページだったが、今回は壁紙になっている。
なお、デフォルトを選択可能な壁紙は、上記のものと以下のもののみである。



Windows Server 2008 R2であることを隠そうともしていない。
せめて壁紙のロゴぐらい設定しろよ。

あと、とりあえずシステム情報。



なぜか知らないが、いきなりService Pack 1である。

■サーバマネージャ
Windows Server 2008で導入されたサーバマネージャという機能があるが、これがHome Server 2011でも使えるようだ。というか、2008のものと全く同じにしか見えない。



■役割の追加
ここまで同じなら、ActiveDirectoryも使えるのではないか?
ということで早速「役割の追加」を開いてみる。



だが、ActiveDirectoryドメインサービスが見あたらない。IISもDNSもあるのに、ActiveDirectoryだけが機能に制約があるように見える。

Home Server 2011はドメインコントローラにはなれないのだろうか? 検索してみると、どうやらドメインコントローラどころか、クライアントとしてドメインに参加することすらできないらしい。(本当なのか?)

だとすると、今のサーバー機をWindows Home server 2011にリプレースするのはやめた方がいいようだ。

0 件のコメント: