2012/10/23

とりあえずWindows 8も入れてやったが、クソ使いにくい

できるものはやりたくなるのが人間である。

強いて必要性はないのだが、せっかくだから自分が作ったソフトがWindwos 8でちゃんと動作するものかどうか試してみたくなったから、とりあえず入れてみた。

とりあえず、エクスペリエンス インデックスの結果を張っておく。

最高点が9.9まで格上げされていやがる。多大な投資により、最近ようやく6.4まで格上げしてやったというのに、ハードルをあげるんじゃねぇよ。

なお、名誉のためにいっておくと、上記はVirtualBoxの仮想環境で動かした結果である。別に、使っているマシンが極端に遅いいうわけではない。

しかし、Windows 8になってから極端に使いにくくなった。何が悪いかといえば、無論Metro UIとかいう奴である。

基本的にこんなものは使いたくなく、今まで通りのデスクトップを表示していて欲しいのだが、気にくわないことにことあるごとにMetro UIの画面を表示しようとしやがる。たとえばBMPのファイルを開こうとしただけでも、今まで通りのペイントではなく、フォトビューアだかなんだか知らないが、全画面表示されるやつが起動されてしまう。

しかも一度この画面に遷移してしまうと、どうやってデスクトップの画面に戻ればいいのかが全く分からない。画面のどこを探しても、終了させる方法や別の画面に遷移する方法についてのヒントや説明がない。

ただひたすら困惑のみである。

たとえば、下記のようにビットマップファイル存在するものとして、このファイルをダブルクリックして開いてみる。

すると、下記のようにのっぺらぼーなウインドウに画面全体が乗っ取られてしまい、

何が起きるものかと気長に待っていると、じきに目的のビットマップが画面全体に拡大されて表示される。

ここからどうやって元に戻るのか全く理解ができない。で、とりあえず画面中をクリックしたり、右クリックしたりしていると、時々画面の左上に矢印ちらっと表示されたりするので、それを、タイミングを合わせてうまく捕まえてやると、運がよければ下記のような画面に遷移する。

しかし、ここでゲームオーバーになる。完全に行き止まり。ここから先はどこにも進むことができない。デスクトップに戻ることも、スタートメニューにも、ログイン画面にも戻ることができない。

まぁ、発売前であるにもかかわらず、すでにして同じような問題に遭遇する人は多数存在するようで、こんな場合の対処方法は多数ネット上に公開されているから、全くどうにもならないというわけではない。しかし、いちいち使い方を検索して、他人のblogの書き込みを信じながら操作しなければならないとは、いったいどういう設計をしているのだろうか? 正気の沙汰とは思われない。

2012/10/06

これはどう見てもWindows 3.0の復活です。

Windows Server 2012はインストール時にServer Coreインストールにすることを推奨されるが、あえてそれに逆らってフルインストールにしてやると、こんな画面になる。

なお、標準ではフォントはメイリオである。だが、それはあまりにもクソ忌々しいので、上図も含めて無理矢理MS ゴシックに変更してあることに注意して欲しい。

しかし、どう見ても昔懐かしきWindows 3.0にしか見えない。というか3.1ですらない。よくぞここまでといえるほど、時代錯誤も甚だしいデザイン。最近のファッション業界ではレトロなデザインがもてはやされているとも聞くが、だとしてもここまで思い切って退行させなくてもいいのではないか。Microsoftが何を考えているのか、俺には全く分からない。

しかもこのデザイン。あまり変えることができない。まず、色を変えられない。

ハイコントラストにすれば、いくらかカスタマイズできるようになっているらしい。

だがそれだけである。

一応、壁紙は変えられるようだ。

だが、標準ではあり得ないほどダサい灰色一色の壁紙しか入っていない。NT 4.0ですらもう少しまともな壁紙が入っていた。

GUIをいくらかカスタマイズするためには、サーバーマネージャの「役割と機能の追加」とかいうところから、デスクトップエクスペリエンスを有効にしてやらなければならない。

その後、なぜか知らないが再起動を求められて、そうすると、多少見た目を変えられるようになり、それまで表示できなかった「個人設定」の画面が表示できるようになる。

だがそれでも、ウインドウの色がほとんど変更できない。ツールバーとか、タイトルバーのアクティブ/非アクティブの色が見えづらいため、もうちょっとコントラストの強いデザインにしたいと思うのだが、変更できるのはタイトルバーの配色だけである。

別の色を選択しても、本当にタイトルバーしか変わらない。

少なくともWindows 7の時まであった「ウインドウの色とデザイン」というダイアログがなくなっている。あり得ないほどの劣化である。

一応、デスクトップエクスペリエンスを有効にすると、MediaPlayerも使えるようになる。

だがここまでやっても、やっぱりWindows 3.0にしか見えない。本当にありがとうございました。

2012/09/20

Windows Sever 2012にSQL Sever を入れてみる

タイトル通り。

入れたばかりのWindows Server 2012のマシンにSQL Serverを入れる必要がある。なぜならば、ある種の用途に使用する特殊画像を格納し閲覧する為のシステムにSQL Serverを使用しているためである。その開発や評価用に、やはり実機に入れた環境は必須である。

ということでインストールを試みたが、ここでも順調には事は運ばない。

まず、入れるバージョンだが、2008にするのか2012にするのかという問題がある。OSは2012にしたが、まぁその上で動かすソフトは必ずしもバージョンを上げる必要はなかろう、たぶん互換性は維持しているだろうと踏んでSQLServer 2008の媒体を適当につっこんでみたのだが、初っぱなから互換性がありませんと言われてつまずいた。

どうやら、Windows Server 2012ではSQL Server 2008はSP1以降でないとサポートしないらしい。

さて、ここで思案する。手元にはSQL Server 2008で作られたデータと、それを前提としたプログラムがある。大したものではないとはいえ捨てたくはない。ならば、順当に考えればどうあっても2008にするべきなのは明らかだ。

そういうことで、再チャレンジ。Microsoftの記載をみる限り、入れるときにケチが付いても、後からパッチを入れれば問題なさそうだし、とりあえずこのまま進んでみた。

だが、その先にもまた罠が待ちかまえている。SQL Server 2008は.NET Framework 3.5が必要なようなのだが、Windows Server 2012には.NET Framework 4.5しか入っていない。しかも、前提ソフトの癖して、SQL Server 2008のインストール時に何とかしてくれるかと思いきやどうにもしてくれず、結局はインストールが失敗しただけで終わってしまった。

いったい何なんだと。やはり、推奨されないことはするべきではないかもしれん。そう見切りをつけて、おとなしくSQL Server 2012のインストールを試みるが、おっそろしいこと同じ理由でインストールが失敗しやがり奉る。

ナニさらしてんのかと。

バージョンによらず、とにかく.NET Framework 3.5が欲しいらしいので、適当に落としてきて入れてやればいいか、そう考えてMicrosoftからダウンロードして入れてやろうとしたがこれも失敗。何でもサーバーマネージャの役割と機能の追加というところから入れてやらねばならないらしい。入れようとしたとき、そんなメッセージが出てきて怒られた。

だったらということで、今度はそのサーバーマネージャから操作して入れてやろうとしても、それも失敗。

よく分からないが、著しく文字がにじんで読みづらい画面に、意味不明なメッセージが書かれているようで、それをよく読んでみると、どうもインストールするイメージが格納されている場所を指定しなければいけないかもしれません、というようなことを言っている。

ずいぶんと曖昧な言い回しで、結局何をして欲しいのかがよく分からない。 しかも、文字がにじんで読みにくい。

余りに何度も失敗するから、悲しくて悲しくて涙が出てきて止まらないからというわけではない。マジで描画される文字が汚くにじんで読みにくい。殺されたいのか。

それはともかく、よくは分からないが、何となくWindows Server 2012の媒体を入れて、それっぽいところを指定してやればいいのではないか。そう判断して、何とか.NET Framework 3.5のインストールに成功するまでですでに一日。もう疲れた。

とりあえず、この続きの罠については後で気が向いたら書くことにしよう。

2012/09/15

Windows Srever 2012を入れてやって

金をけちって1台のマシンを複数箇所で使えるように、Windows MultiPoint Server 2011というやつを入れて使っていたのだが、この子がどうにも我が儘でいうことを聞かず扱いにくい。

これが世に言うツンデレという奴かどうかは知らんが、俺のマシンにそんな成分はいらない。もう面倒だから、最近ではキーボードやマウスを直接本体につないで、普通の2008Serverとして使ってしまっている。

だったら、ちょうどWindows Server 2012が公開されたことだし、こいつに入れ替えてやろうということで。

まず、一般的な戦略ではアップデートという形をとるのだろうが、MultiPoint Serverからのアップデートはサポートしていないらしい。まぁ、そうだろう。それに、アップデートだといろいろと気色が悪いという問題もあるので、初期インストールをすることにした。

そこまではいい。そこまでは想定通りだ。

だが、ここから先の行程には幾重にも罠が張り巡らされており、進むも地獄退くも地獄な苦難の道のりをたどる羽目に陥った。

まず、初期インストールにすればCドライブの情報が失われるだろうが、ユーザデータを入れてあるDドライブは無傷で残されるだろうと期待していた。だが、インストール途中の再起動処理で、RAIDの構成が認識できずに論理ドライブが失われてしまった。

このマシンでは120GBのSSDを4つ使って、オンボードのRAID機能によりRAID1+0にしているわけだが、これが起動時に認識しない確率が異常に高い。感覚的には5回に一回は失敗するように思われる。

マシンとしては、ZOTACのM880G-ITXを使っており、RAIDコントローラーはAMDのM880Gというチップセットに付属する機能をそのまま使用している。多分、こいつらが悪さをしているのだろう。

認識にこけると、OSがちゃんとインストールされているときであれば、そのまま起動してしまって再構成してやれば元通りに復旧する。しかし、OSのインストール中にやられると抜き差しならないことになってしまう。

これはそれで一度、ドライブの中身が完全に認識できない状態に陥ってしまった。

仕方がないので、事前に取得しておいったバックアップから元通りにWindows MultoPoint Server 2011の環境とDドライブに入っていたユーザデータを完全に元に戻してしまって、そこからやり直すことにした。

それだけでも丸一日のロスである。こんなひでぇ話があるのかと。

しかしながら、そこまでくると何となくマシンとの付き合いかといったものが見えてくるものである。すなわち、起動時にRAID構成が認識できない場合、RAID構成に問題があるというメッセージが表示されているうちにAlt+Ctrl+Delキーを押下して再起動してやり、再度、認識処理を実行するようにしてやれば、うまく認識するのである。

なるほど、要は再起動はするなと、そういうことらしい。

まぁそういうことで、何とか一週間ほど時間を要してしまったが、何とかWindows Server 2012を入れて、ある程度環境を整えることができた。後で気が向いたら、2012Serverに対する不平・不満について書くことにしよう。

2012/09/09

うちの子が自家発電をして困ります

時に、HDDの時もそうだが、どうにもマシンの調子が悪いと思っていたのだが、何となく原因が分かったようだ。

おそらく、セルフパワー方式のUSB3.0のHUBから電力が逆流していたことが原因であると思われる。まぁ、明確に検証したわけでもないし、何らかの確たる証拠をつかんだわけでもないのだが、いくつかの思い当たる節からそんな風に考えている。

まず、MultiPoint Server 2011をインストールしたマシンで、このUSB-HUBをつないでいると起動できない、ないしログインできないという事象に見舞われる。また、同じマシンでオンボードのRAIDコントローラによりRAID1+0構成としているのだが、それが時々ディスクのうち一つが見えなくなり、再起動後に再構築すると復旧するという事象が発生する。

思い返すとそのときにもこのUSB-HUBがつながっていたような、いなかったような気がする。

今回、HDDの総入れ替えを行ったマシンでは、最近になってUSB3.0の拡張ボードを導入しているのだが、その後からおかしくなったような気がする。無論、USB3.0のHUBはUSB3.0のポートに接続して使っていた。

それに、恐らくこれが最大の証拠になるのだが、電源を落としているときに、ファンコントローラの正面のパネルが光っていることがある。

これに対しては、当初は電源関連の障害かあるいはどこかで漏電しているか、そんなところではないかと疑っていた。だが、当該の事象が生じているときにPC本体の電源ケーブルを引っこ抜いても光り続けているのである。電源がなければ動作し得ない機器が、主電源が供給され得ない状況であるにもかかわらずわずかに動いているとなれば、別のところから電力が供給されているとみるのが妥当である。

そういうことで思い返してみると、USB3.0の拡張ボードを増設したあたりから不調に見舞われるようになった気もするし、そこには外部から電力供給を受けているUSB-HUBがつながっているわけで、おそらくそういうことなのだろうと。
でもって、もう一つ例証するならば、以前仕事でラックマウント型のサーバ機にUSB接続の切り替え機をつないでいたら、マシン本体のヘルスチェックでエラーが検出されるという問題が起きたことがある。そのときにはちゃんと調査を行って、USB接続の切り替え機からサーバ側に電力が逆流していることによりエラーが検出されていたのだということが判明した。
つまりはそういうことなのだろう。

検索してみると、そんなような話題が出ていないこともないところをみると、世の中的にも必ずしも俺だけに起きている事象というわけでもないようだ。まぁ、その可能性が高いのだろうかと。

ということで、まずはこのUSB-HUBにご退場いただくことにした。その上でもう少し様子を見てみることにしよう。

2012/09/07

SSDに変えた

RAIDにしているわけだが、最近なにやらHDDの状態が疑わしいので、思い切ってディスクを4台ともSSDに入れ替えてやった。
容量的には512GBのものが欲しかったのだが、いかんせん軍資金の不足は否めないため、180GBのもので妥協した。
とりあえず、windowsのエクスペリエンス インデックスの結果だけ張っておく。

これがHDD(320GB×4 RAID1+0)


SSDに変更後(180GB×4 RAID1E)


早くはなったが、入れ替えた後でもなにやら安定しない。原因は別のところにあるのだろうか?

2012/06/04

ファンコン入れたらいいかも知れない

ケースを交換したら、どうにも、今まで以上に音が大きくなったような気がする。まぁ、比較的低速な8cmファンが3つついているだけの窒息ケースから、ファンが大量についているものに交換したのだからやむなしといえばそれまでだが。

しかも、そいつらが必要もないのに常時全力で回っていやがる。だいた、14cmファンで常時1200rpmは回りすぎだろうと。

そういうことで、ファンコントローラ(Ainex FM-08)を買ってきてつけてみたら、これがどうにもいい感じで、騒音がだいぶ小さくなった。

 しかしこれ、ファンコン自体から変な音がする。PCから離れるとほとんど聞こえないレベルではあるのだが、なんか気になると言えば気になる。大丈夫なのだろうか? 

それに、回転数の表示がどうにもいい加減な様だ。おおよそ500rpmを下回ると表示される数値が2倍になるような気がする。ちゃんと調べたわけではないが。

ファン自体の回転はつまみの調整に応じてちゃんと調整できるようだから、使用する上では問題はない。だが、表示が変なのはなんか気になる。まぁ、安いだけのことはあると言うことだろうか。

一応、今現在のファンの構成を図にしてみた。
点線・半透明の四角は、サイドパネル(正面から見て左側)につけた吸気用のファンを示している。

ここでもまた、以前(2010年3月)の状態と比較してみる。
上の図では書いていないが、全面の吸気ファンと背面の排気ファンは8cmのものである。

上の構成でもおおよそ問題なく2年以上使ってきていたのだから、こう考えると、回転数はそれ相応に落としてもいいはずである。せっかくファンコントローラで調整できるようにしたのだから、様子を見ながら少しずつ調整していって見ることにしてみよう。

2012/05/19

記憶の陥穽と電磁の補完

取りあえず、記録に残しておこう。 入れ替え後のケースの状態。
だいぶ隙間が大きくなっている。 写真では絶対的な大きさが判りにくいが、CPUクーラーとその左にあるファン、右下にある二つのファンは、いずれも14cmのものである。マザーボードは交換しておらず、通常のATXサイズのものである。サイズが小さい訳ではない。 今までのケースとの比較。
作業場所の関係から斜め後ろからの撮影になってしまい判りにくいが、縦・横共にだいぶ大きくなっている。 2012年4月当時の古いケースの状態。
やはり、こうやって比較すると、内部の余裕は大事なんだなと、つくづく思わざるを得ない。

2012/05/15

継続的設備投資の合理性

相も変わらず仕事はつらく、期が変わってもマル暴担当から抜けられない。
このままではストレスで体が持たないから、多少は金を使って発散しておかないといけないだろうと言うことで、PCの設備拡張を進めることにした。

新しいCPUも出てきていることだし、メモリは大分安くなっているから増やしても罰は当たらないだろうし、というかそろそろUSB3.0を導入したいところだしと考えていくと、やはりM/Bごと入れ替える必要があるような気がしてくる。

だが、まず何よりも最優先するべきはケースのリプレースである。内部の配線やそのほかのパーツ類ですでに限界に達している。10年来付き合ってきたお気に入りのケースとはいえ、用を足さないのなら変えるほかあるまい。

そういうことで、Blackhawk-ULTRAというケースを買ってきてやった。

分かってはいたが、かなりでかい。内部には非常に広大な余裕がある上に、さすがに大型のケースファンが多数ついているだけあって、よく冷えるようだ。

今までRAID カードのAdaptec RAID 2405が発熱してどうすればいいか困っていたわけだが,その問題も解決したようだ。リプレース前は常時50度を越える温度だったのが、高くても37度を維持している。レベルが違いすぎる。

だが、問題がないこともない。いかんせん重い。というか、重かった。

秋葉原で買ったのはいいのだが、店員に配送にするかと聞かれて、勢いで断ったら、持って帰るのに死ぬほど苦労した。おかげさまを持ちまして、今も全身が筋肉痛で仕事をするとかそういう状態ではない。しかも作業中に回転するファンに何度か指をつっこんでしまい、その数だけ指に小さなけがを負ってしまった。全部ひっくるめて俺のせいな訳だが、とりあえず十分に留意する必要があるようだ。特に内部に余裕が出てきた分、作業中に体をれるのも簡単に出来るのだ、そのカラミでぶつけやすくなったような気がしてならない。

とりあえず次の休みにファンガードでも買ってきてつけてみることにしよう。

2012/02/09

被害者の振りをする加害者とその存在について

世の中にはひでぇ奴もいたもので、自社の某クソ製品を客に売りつけた訳だが、そのパッケージソフトにバグがあって客から苦情がきたとき、それを作っている奴に「対応なんかできねぇよ、常識的に考えろよボケが」と宣われた。

障害起こしておいて、その言い様はないのではないか。客、というよりまぁ、これも只のクレーマーだが、この御クレーマー様にどやされるのは俺なのだし、まして、障害が起きているのは事実なのである。その状況下で、仕様だと言い張る奴の精神が疑われる。

おまけに、会話をしていても「主語がなくてなに言ってるんだかわかんねぇんだよボケが」などといい、個人攻撃を致しお遊びになられる。日本語の理解力がやや不足気味であられるとか、もはやそういう問題ではないようだ。

自分の立場、すなわち、俺様に対して多大なるご迷惑をかけているのだという基本的認識が全くなく、逆に自分が被害者であると本気で信じているらしいのだ。

だが被害者は俺である。御クレーマー様を騙くらかして売りつけたのは俺ではなく、ただ諸般の事情でお尻拭き担当を引き継がされたというだけである。俺個人にとっては、只ひたすら御クレーマー様に恫喝され、耐えるだけの仕事でありいいことは何もない。だがそれでも、会社として利益がでているのならまだ分かるが、しかし、やたら安い単価で無理矢理仕事をやらさせられ、ひどい赤字になっている。

要は、店の商品をタダで持って行くヤクザの相手をさせられ、その上ヤクザによる被害に対して責任を負わされるという状況だ。

そんなマル暴対策係なだけでもう身が持たないというのに、その傷口を広げ赤字拡大の原因を作っている奴ににまで土下座して頭を踏みつけられていなければならない。理不尽にも程がある。

最近、腹の胃のあたりが痛くてかなわない。まじめに胃潰瘍なのではないかと疑われる。どうにかならないものだろうか。

2012/02/08

UPSのバッテリを交換した

タイトル通り。

UPSのバッテリを三つ交換しておいた。一つは通常使用しているPCに接続している550Wまで使える奴で、残り二つは、常時起動しているPCにつないでいる、一つ180Wまでしか使えない例のあれである。

こいつらに入っているバッテリは、記憶と記録に残っている限りでは、少なくとも2年半は使っているはずであり、いくら何でももう寿命がつきる頃である。諸般の事情から可能な限り手元に現金を残しておきたい今日この頃ではあるが、それでも交換せざるを得ないものと判断された。だから入れ替えてやった。

ついでにここで記録に残しておくと、もう一つある、Blu-rayドライブが接続されている奴は、2011年4月に買ったと書いてある付箋紙が張ってある。

してみると、こいつのバッテリは来年には代える必要がありそうだ。

2012/02/05

日記としての本来の用法に立ち返り給え

UPSのバッテリを交換したのがいつのことだったのか、このPCを買ってからどれぐらい経ったのか、あの時の状態のプログラムはいつ取ったバックアップに含まれているのか、そういったことを知るには、なにがしかの記録に頼らざるを得ない。
無論、記憶に残っていれば何の問題もないのだが、あいにくと俺の記憶はそれほど優秀ではない。少なくとも、サスペンスドラマに出てくる容疑者のように、数年前のあの時に、何時何分どこで誰となにをしていたのか、正確に思い出せるような、そんな天才的頭脳は持ち合わせていない。
また、後で必要になることが分かっているものについては、それでもそこそこ履歴に残すよう努力をしているつもりではあるものの、その対象はごく限られており、常にすべての疑問に答えられるとは限らない。というより、ほとんどなにも分からないことの方が多い。なぁ、何分が無精な性分なの致し方のないことである。
そんなとき、このblogを見返すと意外といろいろ分かったりもして、便利なことに気がついた。こと、PC関係については、大きな買い物をしたときには、いつなにを買ったかぐらいはおおよそ書いてあるから、「これはいつ買ったんだったかな…?」という問いには、思いの外的確なご託宣を与えてくれる。
まぁこれが日記としての正しい用法であるにすぎないのだけれども。
しかしながら、最近はだいぶサボり気味だし、まして自分の行動履歴として残すという意識は全くなかったというか、むしろ他人に対して何らかの多少なりとも有益な情報を書いた方がいいかと考えていたのだが、まぁそう気負って考えたところで何の意味もないし、事実全く持ってそれが出来ていたわけでもない。だから、今後はちょっと発想を変えて、純粋に自分が後で使うことだけを目的に、このblogを使うことにしよう。
そんなことなら、わざわざ世の中一般に公開しないで、チラシの裏にでも書いていろという気がしなくもないが、まぁ細かいことは気にしないでおくことにしよう。

2012/01/07

Windows 7 のタスクマネージャは幅を広げると表示がおかしくなる

タスクマネージャで「パフォーマンス」タブを選択すると、CPU利用率とメモリ使用量が表示される。

このとき、タスクマネージャのウインドウ幅を広げると、あるところでCPU利用率のグラフが急に幅が狭く表示されるタイミングがある。具体的には2195ピクセルを超えたところで現象が発生する。

幅が2194ピクセルの場合



1ピクセル広げて、2195ピクセルにした場合


判りやすくするため、一定間隔毎にCPUを無駄に消費するプロセスを実行させた状態で、画面をキャプチャしている。

幅が2194ピクセルの状態ではCPU利用率の変動幅が広く表示されているが、この状態から1ピクセルだけ広げると、なぜかグラフの幅が細くなった状態で表示される。

しかも、グラフの背景の罫線は幅が変わらないから、ウインドウ幅を2195ピクセル以上にした状態を続けていると、グラフが左に流れるよりも後ろの罫線が左に流れる方が早くなってしまう。つまり、罫線がグラフの波を追い越していってしまうという訳だ。

上記の比較ではCPU利用率を用いたが、同じ現象はメモリ使用量のグラフでも発生している。さらに、ネットワークの利用率も同様である。おそらく、黒字に緑のグラフを表示するプログラムがバグっているのだろう。というか、高解像度のディスプレイでテストを行っていないことは明らかである。

じゃぁと言うことで、同じようなグラフが表示されるリソースモニタを確認しようと思ったら、こっちはグラフの幅を一定以上に広げられないようになっていた。

まぁ、別に困らないんだが。

なお、同じ問題がWindows NT 4.0とWindows XPでも発生することを確認した。