2012/09/20

Windows Sever 2012にSQL Sever を入れてみる

タイトル通り。

入れたばかりのWindows Server 2012のマシンにSQL Serverを入れる必要がある。なぜならば、ある種の用途に使用する特殊画像を格納し閲覧する為のシステムにSQL Serverを使用しているためである。その開発や評価用に、やはり実機に入れた環境は必須である。

ということでインストールを試みたが、ここでも順調には事は運ばない。

まず、入れるバージョンだが、2008にするのか2012にするのかという問題がある。OSは2012にしたが、まぁその上で動かすソフトは必ずしもバージョンを上げる必要はなかろう、たぶん互換性は維持しているだろうと踏んでSQLServer 2008の媒体を適当につっこんでみたのだが、初っぱなから互換性がありませんと言われてつまずいた。

どうやら、Windows Server 2012ではSQL Server 2008はSP1以降でないとサポートしないらしい。

さて、ここで思案する。手元にはSQL Server 2008で作られたデータと、それを前提としたプログラムがある。大したものではないとはいえ捨てたくはない。ならば、順当に考えればどうあっても2008にするべきなのは明らかだ。

そういうことで、再チャレンジ。Microsoftの記載をみる限り、入れるときにケチが付いても、後からパッチを入れれば問題なさそうだし、とりあえずこのまま進んでみた。

だが、その先にもまた罠が待ちかまえている。SQL Server 2008は.NET Framework 3.5が必要なようなのだが、Windows Server 2012には.NET Framework 4.5しか入っていない。しかも、前提ソフトの癖して、SQL Server 2008のインストール時に何とかしてくれるかと思いきやどうにもしてくれず、結局はインストールが失敗しただけで終わってしまった。

いったい何なんだと。やはり、推奨されないことはするべきではないかもしれん。そう見切りをつけて、おとなしくSQL Server 2012のインストールを試みるが、おっそろしいこと同じ理由でインストールが失敗しやがり奉る。

ナニさらしてんのかと。

バージョンによらず、とにかく.NET Framework 3.5が欲しいらしいので、適当に落としてきて入れてやればいいか、そう考えてMicrosoftからダウンロードして入れてやろうとしたがこれも失敗。何でもサーバーマネージャの役割と機能の追加というところから入れてやらねばならないらしい。入れようとしたとき、そんなメッセージが出てきて怒られた。

だったらということで、今度はそのサーバーマネージャから操作して入れてやろうとしても、それも失敗。

よく分からないが、著しく文字がにじんで読みづらい画面に、意味不明なメッセージが書かれているようで、それをよく読んでみると、どうもインストールするイメージが格納されている場所を指定しなければいけないかもしれません、というようなことを言っている。

ずいぶんと曖昧な言い回しで、結局何をして欲しいのかがよく分からない。 しかも、文字がにじんで読みにくい。

余りに何度も失敗するから、悲しくて悲しくて涙が出てきて止まらないからというわけではない。マジで描画される文字が汚くにじんで読みにくい。殺されたいのか。

それはともかく、よくは分からないが、何となくWindows Server 2012の媒体を入れて、それっぽいところを指定してやればいいのではないか。そう判断して、何とか.NET Framework 3.5のインストールに成功するまでですでに一日。もう疲れた。

とりあえず、この続きの罠については後で気が向いたら書くことにしよう。

0 件のコメント: