2015/10/11

SSDを買い替えた

とりあえず、PCが起動しない以上、ディスクは買わねばならないので、あまり逡巡している暇はなく、とりあえずSanDiskのSDSSDXPS-240G-J25にしておいた。



240GBを3つ、RAID1E構成で実効容量が360GB弱である。

240GBだとしても、ほかにもう少し安い奴もあったのだが、いかんせん、壊れたから買い替えるのだと思うと、多少は丈夫そうなやつにしておいたほうがいいかと思い、ちょっと値が張るやつを選んでみた。

しかしだ、ぶっちゃけて言えば、たぶん中身は安いやつも高いやつも同じなのではないか。メーカーのカタログやチラシにはいろいろ書いてあるようだが、しかし、何らかの差があるという証拠はないし、見てもわからないし、個人が大規模な統計調査をやることもできないし。たぶん、違いは利益率だけのはずだ。

それに、10年保障といったところで、それは単にメーカーが多少予備を多めに持っておきますと言っているだけのことであり、そもそも、10年たってから壊れたから保障しろと言ってくる奴はそう多くないとも思われし、たぶん、保障期間にしても、とりあえず言ってみたというのが実態だろう。

要は、気持ちの問題ということだ。多少高かったのだから、きっといいものなのだろうという、あれだ。それに踊らされて、余分な利益を貢いで、何も知らない消費者は勝手に一人で夢を見て幸せになるという奴だ。

プラシボでも信じて飲めば効果があるというのだから、俺も、貢いだ利益分だけのご利益はあるものと信じて、しばらくは使って様子を見てみることにしよう。

0 件のコメント: