INTELとRealtecのNICを比べてみた 結果だけ書いておく

2017/04/24

勉強がてら、F#とXAMLで何か作ってみようということで、ネットワークの帯域を食いつぶすだけのベンチマークソフトをでっちあげてみた。



単に、TCPでつないで、全力でごみデータを送受信するだけ。よくあるベンチマークソフトで、今のところ何の独創性もない。

ところで、ここで1つ気になったことがある。とりあえず通信できるようになったところで、2台のマシンをつないでつながるか試したところ、なんか通信速度が安定しない。理屈の上では、上り下りともに1Gbps程度は出るはずなのだが、なんか、送信と受信のどちらか一方の帯域が低い。



上記だと、送信は概ね上限に達しているように見えるが、受信は79.4Mbpsで、理論値の10%にも達していない。また、常に送信は早くて受信が遅いということではなく、時々この力関係が入れ替わったりするから、よくわからない。

ロジック上は、TCPのクライアントとサーバとで、送受信ともに同じようなことをやっているわけで、とりわけ原因があるように見受けられない。まさかNICのチップが蟹さんだからなのか? と思って、いろいろやってみた。

まず構成は下記のようになっている。



PC1をクライアント側として使用する。こいつはオンボードのINTEL NICを使っておく。

PC2をサーバ側として、INTEL NICとRealtek NICを切り替えて使う。

そのうえで、HUBの間にかます場合とクロスで直結する場合を試してみる。

■パターン1 INTEL - Realtek HUBあり

PC1側



PC2側



理想的な性能が得られていない。


■パターン2 INTEL - INTEL HUBあり

PC1側



PC2側



なぜか予想以上に性能が出ない。速度的に、半二重として認識されているのか?

■パターン3 INTEL - Realtek 直結

PC1側



PC2側



さっきよりはいいが、やっぱり理論値には遠い。


■パターン4 INTEL - INTEL 直結

PC1側



PC2側



理論値に近い速度が出ている。

しかし、やっている間に気づいたが、何回か抜き差しすると、ちょっと性能が落ちたり上がったりする。Realtekでも、理論値程度の速度が出るのではないか? と思って何回かやってみたが、理想的な結果は得られなかった。

とりあえず、原因も対処法もまだ調べてない。何はともあれ、PlanexのHUBがかなりできない子だということだけはわかった。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home