電源ボックスを交換した

2017/05/28

記録だけ残しておく。

メインマシンの電源ボックスを変えた。

今のところ何の問題もなく動き続けてくれてはいるのだが、買ってからおよそ7年半経過して、さすがになんとなく怪しい感じがするから、悪いけど引退してもらった。

買ったのはこれ。



SSR-750RMS

1万7千円ぐらいした。

特に絵はない。それに、今のところ、何事もなく動いているため、特に述べるべき感想もない。

そういえば、前の奴もSeasonicだった。外した時の写真を撮っておいたから、面白みもないがさらしておく。



外観はまぁ、ほこりが見えてますね、という程度か。 外から見ると、中に入っているファンがなんだかよくわからなくて、怪しい雰囲気を感じる。



San Ace 120と60でした。さすがに羽根の表面は汚れているが、肝心の中身のほうには、あまりちりやほこりが詰まっている感じがしない。



アップにしてみても、あまり汚れが目立たない。

本当はここで、中にぎっちりとほこりが詰まっていて、その中にゴキブリの卵や死体が点々と埋もれているような、あるいは、ふたを開けた途端にパンドラの箱を開けたがごとくこの世のありとあらゆる悪いものが噴出してくるような、そういう絵面を期待していたのだが、全然そんなことはなかった。

正直言って、面白くない。

7年半蓄えたお前のエネルギーはこの程度だったのかと。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home