RAIDをやめた

2017/05/30

同じく記録だけこのしておく。

メインのPCは今までAdaptec RAID 2405でRAID 1Eにしていたのだが、やめてしまった。

RAIDにしていても、
  1. 個人用PCだと、メディア(HDDとかSSD)は数が少ない。相対的にそれ以外のパーツが多くて、障害発生原因はメディアばかりではないということになる。業務システムでの数の暴力とは条件が違いすぎる。
  2. 同一筐体にある同一RAIDグループに属するメディアは、なんとなく同時に壊れる気がする。同じ環境で同じような読み書きをしているのだから。だから、1つでも壊れると、全部交換したくなる。
  3. というか、メディア障害よりも、ソフトウェア的な問題のほうが多い。間違って消したとか。
  4. 実は個人用PCだと、しばらく使えなかったところで、死ぬわけではない。
  5. メディア障害が発生したら、壊れた奴だけ代えて業務続行という使い方をしない。そういう時はOSごと再インストールしている。
ということで、あまりRAIDのありがたみを感じなかった。

それよりもは、6に書いた通り、OSやソフトウェアはインストール媒体から再インストールして、ユーザデータはバックアップから戻すという使い方が多い。

結果、RAIDよりバックアップが重要だ、という方向に宗旨替えすることにした。


0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home