2018/05/05

ワットメーターを買ってみた

電気代は罪である。そんなものを払うのは人倫にもとる悪逆非道の行いである。

だから少しでも電気代をケチるべく、ワットメータを買って調べてみた。

買ったのはこれ。



節電対策といえばこれだろうという定番品だ。

いくつか調べてみた。

項番項目消費電力(使用中)消費電力(停止中)
1PC60w(アイドル中)2w
2ディスプレイ60w0w
3テレビ(Pioneer KRP-500A)200w30w
4Blu-rayディスクレコーダー(SONY BDZ-T90)30w30w
5AVアンプ(YAMAHA DSP-AX1400)50w0w
6ルータ5w-
7Raspberry pi 35w-
8フレッツ光用のモデム4w-
9Surface RT15w10w

PCとディスプレイの消費電力が大きいのは承知しているが、これについては当面はどうしようもない。

許せないのはこいつらだ。

・AVアンプ
・テレビ
・Surface RT

テレビの待機電力が30wとはどういうことだ。買ったのが10年前だから、1KWh当たり25円換算で10年×365日×24時間×30w×25円/1000で65,700円も使っていることになる。待機電力だけでだ。

AVアンプは待機電力は微々たるものだが、使用中の消費電力量が大きい。だが、現状ではヘッドフォンしかつないでいないのだから、もっと賢いやり方がある気がしてならない。いい加減古いし、リプレースするべきか。

でもって、最悪に許せないのがSurface RTの端末だ。全く役に立たないゴミであることを承知の上で買って、下馬評通りクソの役にも立たず、電源だけつないだ状態で転がしてあったのだが、スリープしている状態であるにもかかわらず常時10wも喰っていやがる。

Core i7-5930KのデスクトップのPCでも、スリープ中の消費電力量は6w程度だった。なのにだ、このゴミクズ野郎は何もしないで、何らの有効成分もないくせに、月額で180円、年額で2,160円もドブに捨てていたのだ。まさに極悪非道、鬼畜生の行い、言語道断許すまじ。

叩き割って捨てるしかない。