2018/07/28

I-O DATAの製品は買ってはならない。何があってもだ。

経緯は後で気が向いたら書く。自宅で使うブロードバンドルータとしてIODATAのWN-AX1167GR2を買ってみた。だが、あまりにもひどい。即日でゴミ箱行き確定である。

金を返せ。

何がひどいって、IPv6パススルー接続では、IPv6 SPIなる機能は使えないのである。このページを見る限り使えるようなことが書いてあるにもかかわらずだ。

http://www.iodata.jp/lib/manual/wn-ax1167gr2/index.html#p5_6

DoS/IPv6 SPIの項目に、申し訳程度に「※ IPv6インターネット接続時に表示されます」とあるが、これはどうやら、「IPv6インターネット接続時」に有効になるのではないらしい。自分で書いておいて何を言っているのか理解できないのだが、事実なのだから仕方がない。実際には、IPv6プラスなどを選んだ場合にのみ使えるもののようだ。

IPv6でインターネットへ接続できるようにしたときに使用できないものに対して、「※ IPv6インターネット接続時に表示されます」という但し書きを書く奴の精神構造はいったいどうなっているのか? いや、精神が破綻しているとかそういうことではないだろう。多分、わざとそうしているのだろう。

当たり前だが、何の工夫もなくIPoEで接続すれば、PCはインターネットに剥き出しとなり、いかなる保護も保証も得られない状態となる。フルチンで警察署の前を走り回るのと同じだ。

ついでに言うと、これはWAN側からLAN側にIPv6で接続できてしまうのかどうか確認してしてみたから気づいたものの、わざわざそんな確認をしなければ、それこそ変質者や性犯罪者に股間をまさぐられるまで自分が裸族であったことに気が付かないということになる。もっと言えば、IPv6パススルーはデフォルトで有効になっている。何もしなければ標準でぽんぽんすー

こういう構成で試してみた。




実写だとわかりにくいから漫画にしてみる。




もはや悪意をもって作っているとしか言えない。というか、悪意の塊だと言っていい。意図的に間違ったことを書き、客に買わせて金を吸い取り、かつ、何らかの情報を収集して中国だか北朝鮮だか知らないが、どこかの怪しい国に売り払うことを目的にやっているのに相違ない。そうとしか解釈の余地がない。

だってそうだろう? セキュリティ守りマス的な事を書いておいて、実はザルどころかマッパなのだから、どんなに好意的に解釈したって、遊ぶ金欲しさに客を売っているとしか解釈しようがない。

間違いなくこれは、というかこの会社の全製品は、絶対に買ってはならない。反社会的勢力に金を渡すことは、それ自体が犯罪だから。

0 件のコメント: