2018/08/16

Edgeの「新しいウインドウで開く」で最大化される条件

Edgeを使っていて気になるのだが、時々「新しいウインドウで開く」を選択すると、あるいはShiftを押しながらリンクを選択すると、次のウインドウが勝手に最大化されて表示されることがある。常にそうだということではなく、時々そうなるように思われる。

どういう条件で最大化されて表示されるのか、調べてみた。

もともと最大化されていない状態で、「新しいウインドウで開く」を選択する。


この場合は最大化されずに表示される。


だがよく見ると、手前にある新しいウインドウは、奥にある元のウインドウより少し大きい。

色々やってみた結果、この少し大きくなる分の領域が確保できなくなると、要はウインドウが画面からはみ出すようになると、新しいウインドウが最大化表示になるらしい。

だから、ウインドウを縦に伸ばした状態で、「新しいウインドウで開く」を選択してみる。


すると、次のウインドウは最大化されて表示される。


2つのウインドウを重ねてみる。


幅は全く変わっていないが、高さは明らかに大きくなっている。

「新しいウインドウで開く」を続けてみるとこうなる。


だんだん大きくなってくる。

ウインドウサイズの上限は、タスクバーを除いたデスクトップ領域のサイズである。試しに、タスクバーを高くした状態でやってみる。


下半分が真っ黒だが、画像が切れているのではない。この状態で「新しいウインドウで開く」をやると、最大化される。


では、幅の方向はどうだろうか。新しいウインドウは、元のウインドウと同じ幅で表示される。ならば幅方向の不足による最大化は発生し得ないのか? ということで、ぎりぎりまで幅を広げた状態でやってみた。


すると、最大化されて表示された。


どうも、幅方向にはある程度の余裕がないと最大化されてしまうらしい。だから、多少(10数ピクセル程度?)の余裕があれば最大化されない。


それと、新しく表示されたウインドウは元のウインドウと同じ幅であるため、一度最大化されないで表示されたのであれば、(ウインドウサイズを変えない限り)それ以降は幅の不足による最大化は発生しないようだ。


0 件のコメント: