2018/08/11

IntalのNUCを買ってみた

今使っているPC、Core i7-5930Kのマシンは、起動しているだけでディスプレイ込みで常時130W程度消費している。高い。電気代が高すぎる。


ということで、こんなものを買ってみた。



電気代よりもこれを買う金の方が高いだろうということは決して口に出してはならない。

CPUはCeleron J4005で2コアしかない。

外箱



開けてみた。



SSDを入れてみた。



SSDを入れるベイは裏蓋の内側についている。必然的に電源とSATAケーブルが蓋に接続されることになるから、開けるのにちょっと手間取る。

あと、入れるところはネジ等で固定するようになっていない。筐体に一部が内側にめり込んでいてバネ仕掛けで支えるようになっているだけだ。だから、上の写真のように厚さが薄いものを入れると、ふたを閉めた後もなんかカタカタ音がする。

それと、ここで使っているSSDはmSATAのものである。それを2.5インチのSATAディスク形状に変える奴を使って装着している。

上記の通り、はじめは薄い変換アダプタを使用していたが、落ち着きがないので、最終的にはこれを使っている。



蓋を開けた本体の方。




メモリはこれである。



タイトルでは「RAMMAX RM-SD2400-4GB DDR4 ノートPC用メモリ PC4-19200(DDR4-2400) 4GBx1枚 260pin 」と書いてあるのに、amazonの画像は思いっきりDDR3 1600となっている。どっちだよ、という気もするが、値段がそれっぽいことから思いきって注文してみた。

結局、こんなんが来た。



DDR4-2400だった。よかった。

多分、4GB DDR4メモリの最安値のレベルだ。


あと、動かしてみた感じでは、やはりシングルスレッド性能が結構高い分、動作の遅さを感じることはあまりない。また騒音は、アイドル中には相当耳を近くまで近づけてやってファンの回転音が聞き取れるかどうかといったレベルで非常に静かだ。

Prime95を実行中には多少ファンの音も聞こえるようになるものの、よほど顔の近くにでも置かない限り、気にするほどではないと思う。


あと、アイドル中の消費電力量は大体5wから6w程度だ。



Prime95の実行中だともうちょっと増えて、15Wから16w程度は消費する。



ベンチマークについては多数公開されているから検索した方が多分早い。

0 件のコメント: